鉄骨階段が崩れ落ちた建物から分かる水の恐ろしさ・・・

見積り、営業担当の松尾です。

僕のブログでは、これまで雨漏りや水の怖さをお伝えしてきました。

水に蝕まれた鉄柱やフェンス、陸屋根の笠木、歩道橋などご紹介しましたが、今回はその究極です。

 

それは、こちらの建物。

これ、どういう状況かお判りになりますでしょうか?

この建物はもともと鉄骨の外階段があるタイプの建物だったのが、鉄骨階段が崩れ、2階部分には行くことができなくなっています。

しかもこの建物、驚くことにまだ人が住んで生活をしていらっしゃるのです。

鉄骨階段を取ったままにしているのには、いろいろな理由や事情があるかとは思います。

それでも、この建物の有様は、まさに鉄の錆がおこす末期症状といえる状態です。

今やだれも使うことができず、取り残された2階のドアが、非常にもの悲しく見えます。

 

最近では、つい家の修繕や補修などを後回しにしてしまったがために、どうにもならない状況に陥ってしますお客様がいらっしゃいます。

そういうお客様に多いのが、この2階部分の鉄骨階段が無くなった建物を見ても、「自分はここまで放っておくことはないから大丈夫」と思い込んでいる方なのです。

 でも雨漏りや水による鉄錆びは、最初は小さなほころびなのですが、ある日突然予測できない形で事態が悪化します。

 

そういった予測不能の実例として、こちらの擁壁をご覧ください。

この擁壁、国道に沿った歩道わきに延々とあるのですが、擁壁のところどころから地下水や雨水が漏れ、歩道にまであふれだしています。さらには、歩道を通過した水が道路にも染み出ている状態です。

夏場はまだいいのですが、冬場は朝方などに強い冷え込みがあると、この染み出た水は氷になります。

凍った水は、アイスバーンとなり歩行者の多くがすべって転んだり、自転車や原付バイクが横転したりする原因に…。

ですので、この曲がり角でもなんでもない歩道と道路が、冬になるとスケートリンクのようになってしまう場所もあります。

もちろんこの擁壁はきちんと施工をしていると思いますので、よく見ると水の抜き口も作ってありますし、工事として不足ないと思います。

でも、水は思い通りにならないのです。

予想外の箇所から水が噴き出し、よりにもよってちょうど排水溝が途切れた部分から歩道に溢れています。

せめて、この歩道脇の排水溝に水が落ちていたら、こんなに頻繁に冬場の事故が起こることはなかったでしょう。

それでも、人間の予想をはるかに超えて水は障害を起こすのです。

 

水は、あらゆる形に姿を変えます。

ある時は流動する液体、ある時は空気中に浮遊する気体、そしてある時は固体である氷。

水や氷もやっかいですが、さらにやっかいなのは気体です。

スチーム状になった水は、もはや人間の目には見えず追うこともできません。

 気体となって上昇し、そして壁などにあたり冷やされそこで初めて水として姿を見せる。

水とは、まさに神出鬼没なオバケのような存在なのです。

 

台風の時などの増水で、マンホールのふたが吹っ飛んでいる映像などもよく見かけますが、あれも水の脅威の一つです。

小さな雨粒が、集まったことで施錠されたマンホールのふたを吹っ飛ばすほどの力を持ちます。マンホールの設計者としては、考えもしなかった事態ではないかと。

 

この擁壁も、施工した業者からすれば、「ここに水が出るはずではなかった…」と思っていることでしょう。

様々な施工や設計の専門家たちの予想をはるかに超えてくる水は、本当に手ごわい相手なのです。

 

雨漏りに悩まされている家の中には、立っている立地自体の問題で起こる雨漏りや、その家を建てた施工会社のクセよって起こった雨漏り、外的要因の雨漏りなどいろいろ原因があります。

そのどれも把握することは難しいのが現状です。だからこそ、雨漏りを完全に止めようとするのではなく、家全体と調和させながら、雨漏りを起こす水の逃がし方を考えなければなりません。

 

物事というのは、見る角度によってさまざま面があり、ある意味いい面と悪い面は表裏一体になっています。

例えば、ハイブリット自動車はガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせ、排気も少なく静音、かつ振動が少ないため乗り心地も快適です。

でもその反面、静音であるがゆえに歩行者などに気づかれにくく、事故が多発しています。また、振動の少なさで加速の感覚がくるってしまい引き起こされた事故もありました。

そのため、わざわざ静音にしたエンジンに音を付ける…という元も子もないような事態も起こっています。

 

雨漏りもそれと同じです。

雨漏りの一面だけをとらえ、原因と思われた雨水が入り込まないようにしたことで、一時的に雨漏りが止まったとします。でも侵入口を塞いだことで水の出口がなくなり、気体となって入り込んだ水が湿気として内部にたまり、そこから内部を腐らせてしまう…などということもおこりうるのです。

 僕が大変お世話になった方が、よく言っていた言葉なのですが、「お前だけが担当箇所の工事を完璧にやっても仕方ない。お前ひとりの現場じゃないんだ。全員で様々な工事して、すべての箇所でトータル85点が取れる工事をすることが最も重要なのだ」と。

 

家の一部だけ、100点満点の工事をしても仕方ないのです。

家というのは、さまざまな技法が重ねられて建つので、良い効果を狙った建材が、別の箇所の不具合を生むことも。

家全体がトータルで85点取れる工事をしてこそ、家のさまざまな箇所に余裕がうまれ均衡を保つことができます。

 

僕は、危険を管理する「リスクアセスメント」という言葉よりも、リスクを最小限に抑える「リスクマネジメント」という言葉が好きです。

リスクを管理しながら、最小限に抑えることで調和をさせる。雨漏りへの対応も、ここにポイントがあると僕は考えます。

 

よく間違った雨漏り対応をする業者の中に、勘を頼りに我流で挑んだり、経験だけを優先して全体をよく見ようとしなかったりする業者がいます。

確かに万に一つの可能性で勘が当たれば、100点の工事ができるかもしれませんが、雨漏りという1点だけしかみていない補修は、数年後に家全体からの歪みが表面化し、また別の不具合が顔をだすことでしょう。

家の立地のクセや、さまざまな条件を加味して、経験とデータを踏まえながら雨漏りに挑む。

そして、家全体をトータルで把握することで、初めて雨漏りと良い付き合い方ができます。

リスクを無くすのではなく、調和させることで家を持たせるのです。

 

先に紹介した鉄骨階段が落ちてしまう建物の状況は、どの家でも起こります。

どうか、目を背けず隠れ雨漏りが無いか、よくよく家の中で目を凝らして耳を澄ましてみて下さい。

少しでも何かの予兆や、前回の塗装から10年経っているようであれば一度、信頼できるプロの業者へご相談下さい。

雨漏りと上手く付き合っていくことは、家を守ることへとつながります。

 

家は、人間が健やかに暮らすために何よりも大切なものです。

だからこそ、家まるごとの良い面も悪い面も正面から受け止めて、家を長持ちさせましょう。

 

これは錆びた貯水槽タンクの塗装動画です。ご参考に。

 

松尾
若い時からずっと大手の大規模修繕の防水関係に携わっていたり、官公庁の仕事も多くこなしてきました。 防水関係の施工には大変優秀な技術を持っています。仕事熱心で常にお客様の立場に回り物事を考えて行動しています。 雨漏り対策も得意分野で、2人の子供を抱えて毎日仕事に励んでいます。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top