足場は塗装工事の要 なぜ塗装工事に足場が必要なのかお答えします 

今回は足場について、詳しくお話したいと思います。
なぜ足場についてお話ししようと思ったのかといいますと、塗装工事の見積もりの際に足場の値段について「もう少し安くできませんか?」と聞かれることがあるからです。
というのも、一軒家の外壁塗装工事は足場代だけで15万円前後の費用がかかります。
また「足場なしで塗装工事はできませんか?」とおっしゃる方もおられるのですが、結論から言うと足場なしの塗装や足場代を安くした工事はコスト高になることがあります。
なぜ足場が必要なのか、そしてなぜ足場代はこの金額なのかなどについて、詳しくご説明いたします。

塗装工事に足場は必ず必要です

まず、なぜ足場が必要なのかについてご説明いたします。
足場は、塗装工事をする際に必要となります。
もちろん職人が地に足をつけて塗装できる範囲では必要ありませんが、それ以外の箇所では必要です。
「はしごや脚立に乗ってでは塗装できないの?」というご質問もいただきますが、脚立やはしごは足元が固定されておらず不安定で、かつ横移動もできないため壁の塗装には向きません。
みなさんも電球を替える経験があることかと思いますが、不安定な台座の上や背伸びしながら足元が不安定な中電球を交換するのと、低い位置で背伸びせずに交換するのでは、どちらが早く作業を終えられるでしょうか?
答えは低い位置で背伸びせずに交換するほうが、断然早く正確に取り替えることができますよね。
塗装をする際の足場も、これと同じです。
足元が安定していれば、それだけ塗装工事も早くできるのです。
はしごを塗る場所ごとに移動させながら、塗装していたらどれだけ時間がかかるかわかりません。
職人の人工代は日ごとにかかりますので、日数がかかればかかるほど、工事費は膨らんでいきます。
たまにではありますが、屋根塗装をご希望されるお客様で足場のご説明をさせていただいた際に「はしごをかけて屋根に上って屋根塗装はできないの?」と聞かれることもあります。
これも答えは「足場を組まないことでコスト高になる」です。
まず、足場なしの現場は安全が確保できず保険をかけることができませんので、万が一職人が屋根から落ちた場合はお客様負担となります。
さらに、足場を組んでいない屋根上は安全帯をかける場所がありませんので、職人が落ちる確率があがり、そんな危険な状況ですので塗装も慎重に施工するため日数がかかることに…。
そして屋根についたゴミやほこり、コケなどを除去するために、高圧洗浄をかけるのですが、足場と足場に張り巡らすメッシュシートがない状況では、ご近所に汚れた水が飛び散ります。
美しい塗装は、安全で安定した足場から生まれます。
足元を気にせず、塗装に集中することで職人の腕が発揮されるのです。

足場代の料金内訳について

次に足場代はなぜ15万円前後ほどの費用がかかるのかを知るために、足場の組み立てとはどのような流れで行うのかをご紹介します。
最初に料金の内訳についてです。
・家の現場調査(採寸)代
・部材のリース代(ビケ足場)
・組み立て、解体代
・運搬代
・足場職人の人工代
以上です。それでは上記の項目にそって、ご説明いたします。
足場業者は、足場を組む前に必ず現場調査を行い、足場を組むための寸法をしっかりと測ります。
そして部材をそろえ、足場を組む当日にトラックに部材を積んで現場へやってくるのです。


足場は専門の足場職人たちが組み立てます。
塗装職人が採用している足場は、幅の広い踏み板を使う「ビケ足場」です。
ハンマーで連結部をしっかりとたたいて固定し、組み上げます。
みなさんも、近所で工事が始まると「カーーンカーーン」という音が聞こえることはありませんでしょうか。あの音が、ビケ足場を組み立てる音です。
この足場ですが、部材を積むときには下ろす時と解体のことを考えて積む必要があります。闇雲に積んだのでは、現場でスムーズな組み立てができません。
今回撮影させていただきましたお客様のお宅は、庭に車を駐車させていただけましたので、部材を下ろす時間は短く済みましたが、階段の上にある家や、細い路地の奥にある家の場合、トラックで入ることができないため職人が少しずつ部材を担いで運びながら組み立てます。
組み立ての際も、家を傷つけないように注意しながら組み立てるのです。
さらに現場調査に基づきながらお客様の出入り位置を再確認して足場を組み上げ、最後に全体をメッシュシートで覆います。
このメッシュシートがあることで、高圧洗浄をした際には隣近所への水の飛び散りを最小限に抑えてくれますし、万が一職人が足場の上でよろけたとしても落ちることがありません。
そして、足場は工事を行う2~3週間リースします。
きちんと組んだ足場は、メッシュシートは、風の強い日は巻き上げられる仕様になっています。
塗装工事が終わったら、最後に足場を解体し撤去します。
この際にも足場業者がやってきて、足場を解体しトラックに積むのですが、解体は組み立て以上に気を遣うのです。
塗装工事が終わってピカピカの家は、少しでも足場の部材がこすれると傷になります。
せっかく良い塗装をしても、足場業者の解体が荒くて壁を傷つけてしまっては台無しです。
だからこそ、細心の注意を払って足場を解体します。

以上足場作業の流れでした。
これらすべてを含んだ金額が、15万円前後の内訳なのです。
もしもこの金額よりも安い足場費用の場合、上記の項目から必ずどこかの経費を落としているはずです。
家の現場調査を省いて、適当な部材でサイズの合わない足場を組んだり、足場の種類を足元が不安定な単管足場(パイプのみで組んだ足場)にしたりなど……。
前に塗装の営業で「近所の足場を持ってくるので、今なら塗装費用をお安くできます」という、うたい文句を見かけたのですが……ありえません。
なぜなら、家の形は千差万別だからです。
少しでも寸法が違えば、部材が変わりますし、ましてや高さも重さも幅もある足場をそのままの形状で移動させるなんて不可能です。
足場は、家それぞれの寸法に合わせたオーダーメイドです。
足場に過剰にお金をかける必要はありませんが、適切な価格で職人の技が発揮できる足場がなによりも大切です。

こちらは関連ブログです

なぜ良い塗料を選ぶよりも、良い足場を選ぶことの方が大事なのか

塗装職人はプロの足場業者と業務提携しています

塗装職人では、信頼のおける足場業者と業務提携をしています。
たまに、足場の組み立ても塗装工事もやるという業者がありますが、足場の組み立て、塗装工事どちらも最高の技術か…といいますと、そうではないように私には見えます。
なぜなら、どちらの業者もやるとなりますと、道具や部材のそろえも中途半端になってしまうからです。
塗装屋には塗装屋の道具や部材が、足場屋には足場屋の道具や部材があり、これらのどちらも倉庫にそろえていたら広大な場所と維持コストがかかります。
そして、両方のプロの職人を抱えることも難しいでしょう。
塗装には塗装のプロの職人がいるように、足場には足場のプロの職人がいます。
おのおのが最大限の力を発揮して、分業しながら一つの現場を作り上げることこそ、トータルでプロフェッショナルな現場になるのです。

塗装のプロと足場のプロが力を合わせることで最高の塗装工事に

外壁塗装というのは、どんなに高い値段の高級塗料を使ったとしても、不安定な足元では職人の腕は発揮できませんし、塗料の効果も半減します。
安全で安定した足場があって、屋根板金、シーリングなどさまざまな技術が掛け合わさり、初めて美しく丈夫な外壁塗装が完成するのです。
足場は、屋根塗装工事もシーリング工事をする際にも必要な工事です。少しでも費用を抑えたいとお考えであれば、外壁塗装工事をする際にシーリング工事や屋根塗装工事もおまとめすることをおすすめいたします。
一回の工事ではたしかに費用はかかりますが、トータルで考えると何度も足場を組まない分、コストカットが可能となるでしょう。
もしも、このブログを読んで足場についてわからないことがあれば、いつでも塗装職人までご連絡ください。
どんなことでも、お答えし最良のご提案をいたします。
塗装工事における足場の必要性について、少しでも伝われば幸いです。

足場の種類はこちらの動画をご覧ください。

 

岩淵
目指すはお客様満足度地域ナンバーワンの塗装会社。優れた技術や知識はもちろん、お客様へは職人の誠実な人柄をしっかりお伝えし、安心して仕事を任せていただけるよう心がけています。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top