さまざまな外壁から分かる 工事内容の大切さ

現場管理、見積り担当の松尾です。

年内最後のブログになりました。みなさんはどのような年末をすごされていらっしゃいますでしょうか。

僕はこの年末も東奔西走状態で、感染対策をしっかりと行いながら東京から横浜までさまざまな現場に伺っています。そんな現場への移動中にふと道路わきに目を留めると、いろいろな外壁の状況を目にすることが……。

これまで僕のブログでは一環として、工事の金額だけではなく工事の中身を見て頂きたいという旨をお伝えして参りました。

建築というのは、水と油の詰め合わせのような工事で、不具合は必ずおこります。だからこそ工程が大事なのです。

そして、管理者の裁量と重要性です。

今回は僕が通り掛けに見た外壁工事や建物などを例に、工事内容の大切さについてお話したいと思います。

 

高速道路のトンネル補修工事検査からわかる綿密な工事

まずはこちら、高速道路のトンネル内なのですが壁がボロボロになっています。

 

 

これは、トンネル内の補修工事をするため壁にハンマーを打ってはがれ方を調べているのです。かなり狭い間隔でハンマーが打ってあり、はがれた壁の中からは無数の鉄筋が見えます。

工事の検査のために、車線を1本通行止めにし、夜間など深夜料金を工事費に加算してお金も時間もかけ、丁寧に検査をする。こうしたひと手間も二手間もかけた検査をすることによって、日本の動脈である高速道路のトンネル事故を防ぐための補修工事が可能となるのです。

これを見かけた時は、狭い間隔に鉄筋が何本も入っていたことにも目がいきましたが、それ以上にここまで丁寧に検査していることに驚きました。

検査箇所を見ると、壁のはがれた方がバラバラなことがお分かりになりますでしょうか?

 

コンクリートと鉄筋の組み合わせは、工事の仕方によって膨張の仕方にクセが出ます。それを調べるために、ここまで丁寧に検査をしているのです。

コンクリートと鉄筋は、まさに水と油の建材です。

これを組み合わせて工事するからこそ、不具合はなんらかの形でおこります。だからこそ、その不具合を念頭に置いて、細かに検査をしているということなのでしょう。

建材の特性を理解した、非常に内容のしっかりした工事だと思いました。

 

【国道沿いの予測不能の実例 過去の記事です】

予測不能な水の侵入 雨漏り放置が引き起こす鉄骨階段崩落

外壁に挟まったスポンジは工事中に応急処置をした証

次にこちらの外壁です。

写真をよく見ると、コンクリートとコンクリートの隙間に黒いスポンジが入っているのが見えますでしょうか?また、十字の中心部分には丸いスポンジも入っています。

通常であればコンクリートの隙間部分に、防水剤などで目地を打つのですが、誘発目地としてのみ作成しているので、このような御サマリとなっていました。(某大手鉄道会社様です)

この黒いスポンジはバックアップ材というものです。丸いバックアップ材は意味不明です。

でも、本来であれば十字の形をしたきれいな溝ができるべきところに、バックアップ材が入ると、見た目としては非常に残念です。

コンクリートのクセを理解せず工事をしたためこのような仕上がりになってしまったのでしょうか?

先ほどの高速道路とは逆の結果を招いてしまっている工事ですが、この内容からも建材を見極めて工事をすることがいかに大事かお分かりいただけるかと思います。

 

コールドジョイント結合部分から分かる計算された工事内容

三番目にご紹介するのは、こちらのコールドジョイントです。

コールドジョイントとは、コンクリートを1回目、2回目と流し込む際に混ざり合わない部分に不連続な面が生じている状態のことをいいます。

通常コンクリートが乾かない内あれば、バイブレーションをかけることでコンクリートが重なった部分が混ざり合うのですが、ある程度の時間が経つと1回目に流し込んだコンクリートが固まってしまい、2回目に流し込んだコンクリート混ざらなくなってしまうのです。

前にブログでご紹介した高速道路のコールドジョイントは、計算せずに結果として現象がおこっていましたが、今回のコールドジョイントは計算され、コールドジョイント部分の補強として専用の防水剤が施してありました。

なぜ最初から計算されていたことが分かるのかというと、連なる壁全てのコールドジョイント部分がきれいに一直線でならんでいるからです。

最初から、1日の工事でどこまでコンクリートを流し込むかを決め、打ち重ねた部分に補強用の防水剤を塗っているのが分かります。

国が手掛ける工事などの場合は、お金に余裕もあるのでこのコールドジョイントが起こらないように昼番、夜番など工事の職人を24時間配置して施工しますが、一般的な現場ではそうはいきません。

ですので、ある程度コールドジョイントが起こる部分を計算して、補強をするのです。

やっていることだけを見ると、それであればコールドジョイントが起こらないように24時間施工すればいいのでは…と思うかもしれませんが、もしも24時間の施工をしてしまうと、期間は短くなるかもしれませんが夜間手当などを含んだことで工事費や人件費が跳ね上がり予算オーバーになってしまいます。(労基、近隣問題も出てくるでしょう)

だからこそ、コンクリートにおこりうる不具合を熟知した上で、お金や人手、建材などできる範囲の中で最良の方法を取るのです。

これもある意味では、建材のクセを熟知した工事内容といえます。

 

土砂崩れ 現場を放置し目をそらしてしまうことの危うさ

4番目は、かなり危ない現場です。

写真をご覧になって分かるように、山が土砂崩れを起こしています。何度かこの場所のそばを通っているのですが放置されたままでした。

この山の下は道路があり、その道路のフェンス下には川があるのですが、前回の土砂崩れで壊れたのか、道路沿いのフェンスは外されたままです。

近くまで行ってみると、道路は辛うじて通行止めされているものの、簡単に入り込める状況になっていました。

万が一、子どもや高齢の方が迷い込んでしまったら…道から川へと転落してしまい、ただの事故では済まないかもしれません。

山には雨による水路(みずみち)ができやすく、工事する際に適切な対策を取らないとこのような土砂崩れをおこします。また、土砂崩れが1度発生すると二次災害、三次災害がおこりやすくなるので、早急な補修工事が必要です。

この山の所有者の方はこの現場が抱える危険を見ないようにしているのか、見ているけどお金がないから無視しているのか分かりませんが、ずっと放置したままにしています。

 この土砂崩れは例として極端ではありますが、こうした補修するべき箇所を放置している一戸建てをたまにお見掛けします。

補修工事のご依頼を頂き見積りをお出しするのですが、工事の内容よりも金額だけを重視される方も……。そうなってしまうと十分な補修工事の提案ができなくなってしまいます。

これでは、補修工事をする意味がありません。

本来は金額だけで相見積を取るのではなく工事の内容で比べなければならないところを、金額だけにとらわれて補修工事をする本来の目的をおろそかにしてしまう。そんなことでは結局この土砂崩れの山と同じく、補修箇所を放置しているも同然になってしまうのです。

しっかりと補修ができる工事内容にすることこそが、瞬間的に高コストに感じるとしても長い目で見れば低コストとなります。

 

安価な建材だからこそ細かな補修が必要なコンクリートブロック

最後に、どこでも見かけるブロック塀です。ブロック塀のはしが破損し、鉄筋がむき出しになっています。

 

なぜこのようになるかというと、理由は簡単コンクリートブロックだからです。

コンクリートブロックのはしはCの字のようになっており、はしの部分にモルタルを流し込んで成形しブロック塀を施工します。

そのモルタルを流し込んだ際に、鉄筋が入っている部分は流し込んだモルタルの層が薄くなるため、鉄筋とモルタルの隙間から水が入り込んだ時に、鉄筋がさび膨張して力が加わると簡単にモルタルが割れてしまうのです。

コンクリートブロックは安く扱いやすい建材の一つではありますが、破損も起こりやすい建材です。だからこそ不具合がおこったときに、どう対処するのかが大切なのです。

お客さまの中には、こうした破損箇所に対して「今後壊れないよう完璧に直してほしい」という万能型の工事を求める方もいますが、いくら名医が手術をしたとしても完璧な元の体に戻すことができないのと同じで、家も補修は行えますが完璧に元の状態に戻すことはできません。

家を建てるというのは、本来であれば混ざらないものを混ぜて工事することです。

そうした混ざらない者同士が起こすトラブルもしっかりと把握し、理解をした上で補修をすることが、元の状態に近づけ家を長持ちさせる近道となります。

このブロック塀も、安価だからこそ手をかけた工事内容で補修すれば、これからも塀として維持することができるのです。

 

【ブロックにひびが入る 過去の記事です】

塗装職人によくご相談をいただく壁のヒビ割れについて

 

来年も「やってよかった」と言われる内容ある工事を

今回は年納めということで、五つの事例をご紹介しました。

かなり盛沢山な内容ではありますが、一貫してお伝えしたいことはすべての結果に対して、素材の特性をしっかりと理解した内容ある工事が大切ということです。

だからこそ、不具合が起きた時にどう対処するのかが重要となります。

最初にご紹介したトンネルの補修工事も、壁の中で鉄筋の爆裂がおこることを想定して、検査をしていました。

コールドジョイントとなってしまう現場の壁も、それを踏まえて対処がしてあります。

きちんとそうした不具合を予測すれば、不揃いにスポンジをいれた不格好な壁になったり、土砂崩れが放置されたままになったり、破損したブロック塀を放置するようなことはおこりません。

どうか、工事の金額だけではなく工事の内容も見て下さい。工事の内容をしっかり詰めることで、トラブルとうまく付き合うことができます。

そして、何より管理をすることです。~何年だからというようにお客様もお家を管理すべきですし、我々も工事の進捗を管理しなければなりません。

管理は最重要テーマです。

故に「報・連・相」でお客様も含め、各担当が密に打ち合わせをしることが、とても大切です。

これからもお客さまとのご縁を大切にしながら、さまざまな外壁工事の実例や知識を踏まえて、お客さまへご提案を致します。

みなさま、どうぞ良い年をお迎えください。

来年も塗装職人を宜しくお願い致します。

松尾
若い時からずっと大手の大規模修繕の防水関係に携わっていたり、官公庁の仕事も多くこなしてきました。 防水関係の施工には大変優秀な技術を持っています。仕事熱心で常にお客様の立場に回り物事を考えて行動しています。 雨漏り対策も得意分野で、2人の子供を抱えて毎日仕事に励んでいます。

    ※印は必須項目です

    ※お名前
    ※ご住所 郵便番号

    都道府県
    市区町村
    以降の住所
    ※電話番号
    ご連絡希望時間帯
    ※メールアドレス
    ※ご用件
    メッセージ

    些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

    ■横浜店
    神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
    9時~20時 拡大地図はコチラ

    ■東京店
    東京都世田谷区用賀3-13-5
    10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

    Back To Top