塗装の養生

地味な作業ながら品質に大きくかかわる養生作業

わかりやすい塗料の品質とは異なり、見積書の確認時や実際に工事が始まっても養生を気にするお客様はほぼいません。 ところが養生作業の品質はそのまま塗装品質になります。

塗装チリ際のきれいなライン出しも養生技術の差

一級塗装技能士が念入りな養生で外壁チリ際のライン出しもきれいに仕上げます。

塗装後の窓枠のチリ際

窓周り

壁と天井の塗装ライン出し

外壁と軒天の境

結局はゴミになってしまう養生。されど職人だけが知る品質に影響する作業。

ベランダ上のトントン養生シート

使う養生テープの長さは、約1キロメートル。

業者によって変わりますが、私たちが1軒のお宅につかう養生すべてのテープの長さをざっと計算しますとその位になります。

ごみになる養生

結局はゴミになる養生材

ゴミの量は増えるが塗装品質に大きく影響します。

養生の目的

  • 庭先や家のまわりにある植物や花壇などを、塗料の飛び散りから守る。
  • お隣に塗料を飛ばすなどの迷惑を掛けない。
  • 窓わくなどに、ピタッとすき間なくテープを張ることで塗装がキレイに仕上がる。

養生は上記のような役目を果たしてくれます。反対に、窓などをビニールでふさがれてしまうために、息苦しく感じてしまうお客さんもいます。特に、夏場のクーラーが苦手なお宅などもありますので、少しでも快適に過ごしていただくため、風通しよくする養生の仕方で覆わせていただきます。

万全な養生をしない塗装作業は集中できず品質に差が出る

養生は作業が終われば結局ゴミになる為、広い面積を養生しようとせず狭い範囲で済ませてしまうと塗装作業に集中できないまま、塗料の飛散をさせないための作業になります。不十分な養生は塗装品質に影響させるだけでなく、塗料飛散の可能性を高くしてしまいます。

ジョリパットの外壁を塗るローラー

ローラーの回転時の遠心力で作業服が汚れるほど塗料は飛散すし、砂骨ローラーの場合は吹付並みに飛散する。

軒天を塗るローラー

最近のローラーは改良されているも、軒天のローラー転がしは一番四方八方に飛散する。

植物への塗料飛散

植物に飛散すると掃除が大変になり、業者によってはそのまま完了してしまう場合も。

場所別の養生作業

共用廊下に敷かれたノンスリップマスカー

ノンスリップマスカーで共用廊下の床

階段にブルーシーで養生

階段のブルーシート

塗料飛散防止用室外機カバー

室外機カバーの専用養生カバー

不織布の車のカバー

不織布による車専用カバー養生

玄関前と階段のブルーシート養生

玄関前をブルーシートで養生

塗装作業中に床に敷かれた布シート

布シートによる床養生

植物を傷めないように配慮したマスカー養生作業

傷めないように配慮した植物の養生

窓サッシの養生

サッシ窓の養生

外壁周りのコンセントケーブルのマスカー養生

ケーブルの養生

玄関床のトントンシート養生

玄関前のトントンシート

外壁の配電盤計器類の養生

外壁計器類の養生

ベランダの養生

ベランダの養生

サイディングの目地シールのテープ養生

シール材付着防止のマスキング養生テープ

擁壁のマスカー養生

擁壁・外構塗装の養生

足場の建地のクッション材

足場の衝撃クッション養生

木製玄関の養生

クリヤー塗膜剥離防止のラッカーテープとビニール

給湯器と養生

給湯器の養生

窓開閉可能なマスカー養生

窓開閉可能な養生

養生材の種類

養生は基本的にテープのりをそのまま残すことが少ない、耐水性・耐薬品性・耐候性に優れた塗装養生用テープを使っています。 この養生は、ポリフィルム(ビニール)の表面に施してある微細な凹凸(コロナ放電加工)によって、一旦フィルムに付着した塗膜が、再度フィルムからはがれてしまい、お隣などの周囲を汚したりするという心配がないものを使用しています。

マスカーテープ

300・550・1100など種類豊富なビニールマスカー

ポリシート

1.8メートルポリシート

箱入り養生用マスカー

マスカーとガムテープの大量箱注文

70名の横浜市役所職員さんと塗装したときの養生説明

 

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00