カバー工法

屋根カバー工法

現状の屋根の上から被せるカバー工法は、葺き替え工事のように下地から張り替える必要がないため価格的にも葺き替えより比較的手ごろにできて今後塗り替えの手間もほぼありません。素材はガルバリウム鋼鈑やジンカリウム鋼鈑でメーカー保証30年に加えて瓦風なおしゃれなデザイン、遮熱性能があるタイプのものもあります。
塗装職人では外壁塗装と合わせて非常に多くの屋根カバー工法を施工させて頂いています。

クラックと欠損したスレート屋根

カバー工法の施工後

塗装では修復不可能に近い屋根の主な劣化症状

スレートのひび割れからの欠け

屋根全体的にスレートがもろくひび割れしやすく欠けてしまう。

表面剥離

スレートの断面がサンド状の層になっていて表面の層から剥離してしまう。

工程

ルーフィング貼り

屋根材取り付け

棟板金取りつけ

アスファルト・ルーフィング貼り

ルーフィングは屋根材の下に敷く雨水の侵入を防止する防水紙です。屋根材に適したルーフィングにて施工しており、田島ルーフィング、ケイミュー、伊藤忠建材などのメーカーがあります。
そもそもカバー工法自体雨漏りの不安を払しょくする意味のための工事でもあるため、雨漏り等の心配は非常に少なくルーフィングの品質の差異によって雨漏りに影響が出てくるものではありません。室内の結露や湿気などが多いとルーフィングにも影響を与える可能性はなくもありませんが、やはり台風や大雨など外部からの雨漏りの侵入をシャットアウトするのが一番重要です。

KING HOUS

ニューライナールーフ

PカラーEX+

タディス セルフ

伊藤忠建材 SKルーフィング

Pカラー

各種メーカーの屋根材

定評のあるガルバリウム鋼鈑の屋根材メーカーのものを使用しています。
いずれも耐震性を考えて軽量ながらとても頑丈です。自然石粒をセラミックコーティングした、ストーンチップをちりばめたものや遮熱性能のあるものもあり叩きつける雨音も静かになります。ジンカリウム鋼鈑も亜鉛とアルミおよびシリコンのメッキ鋼板でとても丈夫です。

伊藤忠(スカイメタルルーフ)

ジンカリウム鋼板を機材とした屋根材。表面に施されたストーンチップ層が、微振動を抑え、うるさい音を大幅に抑える。また、紫外線の熱を吸熱し拡散させる。

ニチハ(アルマ)

他の屋根材に比べ、原材料取得から廃棄までの過程におけるCO2排出量が少ない。表面粒状石に特殊コーティングした粒状石を少量混ぜ、防藻性能を付加。

アイジー工業(スーパーガルテクト)

遮熱性鋼板と断熱材の相乗効果で優れた断熱性能を発揮。表面材に「超高耐久ガルバ」を採用。特殊な「ちぢみ塗装」を採用した、意匠性に富む屋根材。

旭ファイバーグラス(リッジウェイ)

アスファルト基材とファイバーグラスマットで構成されており、水分を含まず釘穴シール性にも優れる。強風仕様実験などで高い耐風性能が実証されている。

ディートレーディング(ディーズルーフィング)

ガルバリウム鋼板と同じ組成のジンカリウム鋼板を基材。微振動による高周波の音も表面自然石粒層によって抑える。優れた耐風性能と防水・防火性能を持つ。

稲垣商事(ICダンビー)

水密性が高く施工性に優れる 。遮熱性の高い鋼板を標準色としているので断熱性の向上が見込める。ジョイント部に化粧キャップを使用しないキャップレス工法。



些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

施工事例

Back To Top