スレート屋根の補修

一級塗装技能士によるスレート屋根の補修

スレート瓦がズレてしまったり外れてしまっている場合は早急な対応が必要です。放っておくと最終的には雨漏りの原因となり、お家そのものを痛めることになります。定期的なメンテナンスで、スレート屋根の寿命を縮めずにお付き合いできるのが理想です。

クラック補修

スレートのひび割れ、欠損、ズレなど、塗装前に修正可能なものは補修をしてから塗装作業に入ります。

クラック

欠損部露出

シール材充填

圧着

クラック表面補修

ゴムヘラにて均し

クラックの種類

どのようなクラックでも欠損したスレートが残っていれば補修可能です。

ヘアークラック

欠け

割れ

割れ

塗装不適合なスレート屋根

塗装をしても耐久性が望めないスレート屋根があります。一般的にはパミールなどのようなノンアスベスト系スレート屋根が有名です。過去にはお客様の要望でどうしても塗装をしなければならざるを得ないという現場もありましたが、基本的には塗装ではなく現状の屋根の上から被せる「カバー工法」や屋根を撤去してまったく新しく交換ある「葺き替え」をお勧めしています。

そもそもの素材がもろいスレート

下層素地から浮いているスレート

スレートの差し替え

クラックや欠損部分のスレートの差し替えもできます。既存のものと同じ屋根材がメーカーにも無い場合、同種類の屋根材になります。

スレートの欠け

スレート撤去

スレート差し替え

棟板金の交換

棟板金の釘抜けは主に下地の貫板が乾燥して釘が効かなくなっている可能性もあり、台風などの強風時には煽られて外れて飛んでしまう場合もあります。見積り時または作業時によく点検します。

錆びた棟板金

棟板金を一旦外す

新しい貫板取り付け

塩ビ製の腐食しない貫板

換気棟の増設

塗装完成

火災保険

台風などの影響を受けで屋根の損壊やはがれなどは火災保険で賄える場合があります。

飛来物によるスレートの穴

下地まで影響が及んだ飛来物による穴



些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

施工事例

Back To Top