折版屋根

一級塗装技能士による折板屋根塗装

折板屋根はアパートや工場に多い屋根です。鉄板も厚く頑丈ですが特に取付ボルトも錆びるためケレンも重要な作業になります。
チョーキングの発生には高圧洗浄にて下地調整をします。

塗装前

塗装後

塗装前

塗装後

トタン屋根の劣化

さびの発生やチョーキングが主な劣化症状ですがトタンのように薄い鉄板ではないためまず穴が開くほどの劣化はしないと思います。ボルトキャップがない場合に施されているシールが劣化しているような状況の場合もあります。

さびやチョーキング

ボルトシールの劣化

折板屋根の補修

補修というよりも専門のボルトキャップを取り付けることでボルトへの錆を防止します。雨漏り対策としてボルトにシールをしている場合はシールを撤去して塗装をし、最後に新しいボルトキャップを取り付けることで錆びやすいボルトの保護をすることができます。

ボルトへのシールの撤去

ボルトキャップの取り付け

折版屋根の塗装工程

下地調整をして下塗り+中塗り+上塗りの3回塗りです。足場を組む場合で屋根表面に激しいチョーキングや汚れがこびりついてい場合は高圧洗浄をすることもあります。

高圧洗浄

下地調整

下塗り

中塗り

上塗り

上塗り

ボルトさび

赤さびの下塗り

塗装

塗料

鉄部なので下塗りさえ最適なものであれば、多くの塗料種類が使えます。さび止めも1液タイプから2液タイプのものまで。上塗り塗料も同様でシリコン塗料以外にもラジカル制御型やフッ素塗料ももちろん使用できます。特に工場内作業などで室内温度が上がりやすく冷暖房費を考慮して遮熱や断熱塗料を用いた塗装も有効です。

一液ファインデクロ

シリコンルーフ

サーモアイシリコン

アパートと工場の折板屋根塗装の完成のようす



些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

施工事例

Back To Top