横浜市神奈川区 マンション大規模修繕の現場で気をつけること

株式会社塗装職人ブログ

横浜市神奈川区で施工中のマンション大規模修繕の現場の続きです。
6月9日は外壁と補修箇所の塗装を行いました。
以前のブログにも書きましたが、補修の塗装は難しく、技術と経験がものを言います。
この日も「肌合わせ」という元の塗装になるべく合わせる作業を行いました。
鎖骨ローラーを使った塗装ですが、外壁に施されている玉吹き塗装に合わせるのは技術が必要ですが、近藤職人は見事な仕上がりにしました。

6月10日は階段の塗装を行いました。
この場所は住人の往来が一番多いので、通行の邪魔にならないように、塗料が住人に付着しないようにと、気をつかって作業を行いました。

6月12日は火災報知機の塗装をしました。
錆びをケレンで丁寧に落としてから、塗装を行いました。

6月14日は共有廊下の塗装でした。
廊下は人の出入りがあるので、扉の開閉時や通行の際にご迷惑がかからないようにと気を使いました。塗装前に同じ階のドアチャイムを鳴らして、在宅の方にお声がけをしてから作業に入りました。

マンションは居住者の方が多く、廊下や階段、玄関ホールなどの共有スペースがあったり、お客様の生活に密着する部分が多かったり、戸建て以上に気をつかわなければいけないことが多いですが、最後までベストを尽くすよう頑張ります。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top