ベランダトップコート塗替え工事の落とし穴!

施工事例

神奈川県 横須賀市 のお客様です。

戸建て

■工事種別

  • その他

■施工箇所

  • バルコニー

■ご依頼経緯

はじめて

工事のきっかけ・ご相談内容

ベランダのトップコートの塗り替えで!というお見積りの依頼でお伺いいたしました。通常のごく一般的な形のベランダで既存FRP防水。内部を通らせていただく条件での作業になる前提でのお見積り提出。ご契約の運びとなりました。



施工情報

  • その他

築年数……10年 外壁施工面積……平米 費用……約5.5万円 


工事詳細をクリック

施工内容

ケレン・清掃、溶剤拭きによる脱脂作業。その後、トップコート塗布という内容的にはそれほど難しくない工事のはずでした。しかし思わぬ落とし穴が!!!
アセトン拭きでは反応しなかったのですが、トップコートを塗布したあたりから、下地のFRP防水に異変が起きました。私も初めての経験でしたがFRP防水のトップコートが溶剤で侵されてきてしまいました。その場で作業中断。お施主様には申し訳ございませんでしたが、材料屋に確認等の必要性もあり再度日程調整。極めて稀な出来事でした。

施工箇所

  • バルコニー

補助金・助成金

なし



施工レポート

  • 施工前。何も特別なことはないごく一般的なバルコニーなはずでした。

  • FRP防水特有のトップコートの亀の甲羅状の割れが目につきました。

  • 施工前。

  • ケレン清掃。浮いてる部分、ささくれだった部分をカワスキでケレンしていきます。

  • 目荒し(ペーパーかけ)塗料の食いつきを良くするため傷をつけていきます。

  • アセトン拭き。脱脂作業。余計な油分をアセトン(有機溶剤)にて拭き落としていきます。

  • アクシデント!トップコート施工後、下地が湧いてしまいました。ウレタン防水などではたまにある現象でしたが、FRP防水では初めて見ました。

  • 研磨作業。湧いてしまったトップコートをサンドペーパーで研磨していきます。

  • アトレーヌ水性防水材塗布。

  • トップコートH塗布。

完成

■仕様

【ベランダトップコート塗替え工事】
ベランダトップコート塗替え工事(目荒し・アセトン拭き・トップコート塗替え)1式



些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top