投稿者: 松尾

若い時から大手の大規模改修工事に携わり、官公庁の仕事も多くこなしてきました。知識は当然のこと現場も正しい仕事ができて当たり前です。常にお客様の立場に回り物事を考えて行動しています。 漏水対策も得意分野で2人の子供を抱えて毎日仕事に励んでいます。防水施工技能士。

完工検査、足場解体、清掃まで徹底する塗装職人の工事

僕が現場に何度もいくのは、自分が見積書に書いた塗装や改修工事の内容がきちんと進行されているかどうかを確認するためです。僕の場合はもとが職人ですので、工事のことも把握しており、途中のチェックもできますし、職人たちにどのように内容を伝えれば、自分が思い描いた工事の完成につながるかというのが分かります。最後の最後まで手を抜かない。お客様にきちんとご説明ができる工事をしたいと思います。

普段見ることができない屋根上工事 屋根塗装で大事な下地準備とは 

屋根上の工事は、施主の方でもなかなか見ることができません。足場に上り、屋根の上に立って初めて見ることができる工事なので、普通の人では現場に立つこともままならないのです。工事の過程を写真におさめ、目の届かない屋根上の工事とはどのようなものか、屋根周辺の破風・樋の塗り分け工事も含めてご紹介します。

工事を一段上の仕上げへと変える、職人の腕と気遣いとは

よく職人を評価する際に「腕がいい」という表現をすることがありますが、この『腕=技』がよくても『良い工事』にはならないことがあります。なぜ、技だけではだめなのか…。それは技にプラスして、将来の家の状態を見る力、そして気配りが無いと良い工事にならないからです。職人の技術だけに注目するのではなく、数年後の建物の状態や材料の状態を考えた未来まで配慮する気遣いなどについてご紹介。

施工技術だけではない、工事に必要な近隣への配慮とは

工事というのは、技術だけに注目されがちですが、実はそれ以上に近隣の方への説明や配慮が重要なこともあります。 いくら工事が見事な仕上がりになったとしても、その工事のせいで近隣の方と仲違いをしてしまっては、工事は成功と言えな […]

シロアリ被害からわかる将来後悔しないための選択とは

前回のブログでもご紹介しましたシロアリに窓枠をボロボロにされていたお客様宅の工事について、引き続きブログでご紹介したいと思います。 お客様は数年前にシロアリ駆除業者に依頼をして、シロアリの駆除剤をまいていました。しかしシ […]

10月からの法改正で工事の費用が変わる 屋根工事の現状について

「労働安全衛生法」改定により、屋根工事の価格が上昇する見込み。和瓦屋根では台風被害対策としてボルト付けが義務化され、工法が変化。スレート屋根ではアスベスト撤去や封じ込め作業の費用が増加。工事内容や安全性に関する情報収集が重要。施工業者選定は費用だけでなく工程や経験も考慮。【緑区、労働安全衛生法改定に伴う屋根工事の費用変動と工法変更に関する情報】

工事をスムーズに進め、レベルの高い工事をするために必要なお客様の協力とは

「工事の進行に協力的なお客様との塗装工事についてのブログ続き。今回のお客様は、地名の工事に関する知識を持っており、配管カバーの塗装に関するリクエストも的確でした。その他にも、近隣への配慮や見積書の詳細など、工事をスムーズに進めるためのポイントについて紹介します。次回のブログでも続きをお楽しみに。」

お客様より塗装職人に手渡された4通の手紙

保土ヶ谷バイパスに近くお住いのN様宅の外壁塗装工事を担当した豊永職人。N様ご家族から感謝の手紙を頂き、仕事に誠実さを感じたと述べられました。工事完了後には記念写真を撮影し、奥様からは10年後もお願いしたいという言葉も。 YouTubeで紹介されている実際の塗装体験も要チェックです。

ガルバリウム鋼板の屋根と外壁 塗り感を出さない塗装工事

ガルバリウム鋼板の外壁と屋根の塗装工事についての記事です。3回塗りによる塗り感を出さない工事方法や、お客様との協力による成功の秘訣、ローラーの使い分けなどの工夫について詳しく説明しています。弊社ではお客様に合ったオーダーメイドの工事プランを提案し、地名にあるように、家の状態やお客様の思いに寄り添った工事を行っています。

ガルバリウム鋼板の家 お客様のご要望にお応えする工事とは

横浜市のお客様宅で行われたガルバリウム鋼板の屋根と外壁塗装工事を紹介。設計士のお客様との連携で、細部にこだわった仕上げと、職人の技術力が光る工事で、お客様の満足度を追求。工事前後の写真付きレポートでプロフェッショナルな作業を証明。

なぜ塗装会社によって工事費用は違うのか 事例をあげて大解説

神奈川県内の塗装工事の費用差は、作業内容や技術の差によるものがほとんどです。例えば、塗料の希釈率や塗装の回数などで費用が変わります。また、足場やシーリングの違いも費用に影響します。安い工事にはリスクがあり、施工方法と費用を比較して工事内容を決めることが大切です。詳細については神奈川県の外壁塗装に関するYouTube動画も参考になります。

数ヶ月にわたる補修塗装工事 最終工事から見える見積書と工事内容の違いとは

本日のブログの最後では、1階が店舗、2階が戸建て住居の全面補修塗装工事をご紹介しました。雨漏りの疑いがある箇所やシャッターや軒天の補修についての工事内容を詳しく解説しています。また、工事費用や工事内容の重要性についても触れており、お客様に寄り添った工事の大切さを伝えています。業者選びや工事内容についてのセカンドオピニオンも大切としています。

シャッターの洗浄工事 結果の見えない工事の対処方法とは

夜間に行った店舗のシャッター洗浄とコーティング工事について、難しさや工事の仕上がりとお客様との関係について説明。高圧洗浄の仕上がり予想とのギャップや、洗浄過程での膜の剥がれについても触れ、工事費と内容、お客様の理解の重要性を説く。最終的にはお客様との理解があれば、職人が最善を尽くし、良質な工事ができると締めくくっている。

足場解体前の最終念入りチェック6項目 塗装と防水はベストな仕上がりで完工へ

お客様宅の塗装工事完工が近づき、建物全体のチェック項目とその重要性について解説します。建物裏の仕上がりや漏水確認など、段階を踏んで工事を進める理由や、塗装工事の細部に至るまでの注意点を紹介。また、名古屋市を中心に活動する塗装職人の視点から、工事の振り返りも収録。

塗装工事を通して分かる職人の質 

外壁塗装の現場での職人の質や工程について詳しく解説。一級塗装技能士である竹山が率いるチームは、高い技術と卓越した人間力を持ち、複数の職人が連携してスムーズに工事を進める。また、DIYでの塗装が問題を引き起こすことも指摘し、プロの知識と経験が必要であることを強調。塗装職人の思いとして、家に合った塗装を選ぶことが家の寿命を延ばすことに繋がると述べる。                                       – 埼玉県

工事の質を高めるために 班から班への引き継ぎが重要

東京の珍しい建物の塗装工事の引き継ぎについて詳しく説明。下地処理や高圧洗浄の方法など、全ての工程を細かく説明しながら、チームとしての協力や技術の重要性を強調しています。班ごとの引き継ぎを通じて、最高の仕上がりを目指す姿勢が伝わる。

もろくなった屋根でも大丈夫 カバー工法と板金工事

「ノンアスベスト屋根の補修塗装方法やカバー工法について、家の屋根工事に関するブログ記事です。屋根材のもろさや補修塗装の必要性、カバー工法の利点や手順、さらには破風巻きや腰壁の工事についても詳しく解説しています。弊社のプロフェッショナルな屋根職人や板金職人が、福岡市や奄美大島で安心して工事を行います。」

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00