旭区でのサイディング外壁塗装、玄関周り外壁中塗り

株式会社塗装職人ブログ
今回は旭区鶴ヶ峰本町で施工した外壁塗装の様子を記事にします。
担当職人は、一級塗装技能士であり、塗装指導員でもある大ベテラン川口。
前回は2階外壁の中塗りを終えたので、今日は1階と玄関周りの外壁中塗りを進めていきます。
旭区鶴ヶ峰本町:1階外壁中塗り
旭区鶴ヶ峰本町:1階外壁中塗り2
旭区鶴ヶ峰本町:1階外壁中塗り完了
旭区鶴ヶ峰本町:1階外壁中塗り完了2
旭区鶴ヶ峰本町:1階外壁中塗り完了3
すでにシーラーで塗料の密着度を高めてあるので、中塗り主材のシリコン塗料をたっぷり重ねて厚膜に仕上げていきました。1階とベランダ部のサイディングは、ボード同士の継ぎ目がたくさんあるので、この溝部分にもしっかり塗料を付着させて塗膜の厚みが不揃いにならないように気をつけます。
次は玄関周りの壁を中塗りです。ここで少し養生のお話を。
塗り替えを開始する前には、塗装しない部分を養生しています。よく使用するのはテープ付きのビニール(マスカー)や厚手のブルーシート、マスキングテープなどです。塗料の付着を防いだり、塗り分けの線をきっちり出すために行います。
玄関ドアの養生は、お客様が使用する場所のため、きちんと開閉できるようにマスカーを張っています。全てを一体にぐるりと覆ってしまうのは簡単ですが、出入りの度に取り外さなくてはいけなくなってしまいますからね。外灯や小さなプレート類といった細かなところも丁寧にカバーしておきます。
旭区鶴ヶ峰本町:玄関周り外壁中塗り
旭区鶴ヶ峰本町:玄関周り外壁中塗り完了
玄関周りの外壁はモルタル・リシンです。ザラザラとした凹凸があるので、ツルツルの壁に比べ塗料の消費量は多くなります。それに伴い、塗る手間も要するのですが、適切に希釈した塗料を惜しみなく塗布して厚膜をしっかりつけていきます。
壁に設置してある細々とした部分は先に刷毛で塗装しておきます。このダメ込みをすることで、ムラなく塗料を付着させました。養生をしてあるので、ローラーで塗ることも可能ですが、往復させているうちにテープなどがずれたり隙間から塗料が漏れる可能性もあるので、細部はハケで仕上げています。
ローラーは一定方向だけでなく、必ず縦横に転がして、均等に塗料を行き渡らせます。中塗りで塗膜の厚みをつけておくことで、上塗りはスムーズにローラーを転がせるようになります。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top