横浜市保土ヶ谷区での塗装工事、屋根上塗り1回目、2回目ダメ込み

本日は横浜市保土ヶ谷区で行った塗装工事の様子を掲載します。

下屋根は2回中塗りをして、厚みのある塗膜が形成されている状態です。

横浜市保土ヶ谷区:下屋根中塗り2回完了後

先回は屋根の中塗りを2回終えましたので、今回は上塗りを開始。こちらも中塗り同様、2回塗料を塗布して厚膜をつけていきました。メーカーの仕様では上塗りは1回でよいのですが、そうしますと中塗りの白が透けて見えることがあるため、弊社ではもう一度塗布してしっかり上塗りの色を発色させています。

横浜市保土ヶ谷区:屋根上塗り1回目

横浜市保土ヶ谷区:屋根上塗り1回目2

塗装中の写真がないのですが、上塗りが完了しました。使用したのはキルコート専用の遮熱トップコート。汚れの付着防止効果もあるこの塗料を、たっぷり塗布しています。1回目の塗布が完了した状態では、少し中塗りの色が見えているところがありますね。もう一度塗布することでしっかり塗膜が形成され、中塗りが見えるということもありません。

時間を置き、上塗り1回目を乾燥させてから上塗り2回目のダメ込みを進めます。

横浜市保土ヶ谷区:屋根上塗り2回目ダメ込み

ダメ込みとは広範囲を塗る前に、あらかじめ細部を仕上げておくことを指します。まず、雨押さえや雪止め金具といった鉄部を刷毛で塗り込みました。ローラーの入りにくいところは、刷毛で隙間まで塗料を付着させ、全体の塗膜の厚みが均一になるように仕上げていきます。

厚みの差が著しいと耐久性に影響が出てしまうので、なるべく一定の厚みを形成していくことが大切です。刷毛は軽く持ち、あまり力を入れずにストロークを長く塗装しています。こうすることで刷毛目が出にくく、鉄部をフラットに塗り上げることが可能になります。

次回は屋根の全体に上塗り2回目を行います。

代表・曽根
一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top