横須賀市での屋根塗装、屋根上塗り1回目と2回目ダメ込み

今回は横須賀市久里浜の現場から施工風景をご紹介します。
職人は一級塗装技能士、塗装指導員の川口が担当しました。

前回、中塗りを2回終えた屋根に、断熱塗料・キルコートの遮熱トップで上塗りを行っていきます。

横須賀市久里浜:屋根上塗り前

横須賀市久里浜:屋根上塗り前2

こちらは中塗りが2回終わっている状態。この真っ白な塗膜の上に上塗りを重ねていきます。

横須賀市久里浜:屋根上塗り中

中塗り同様に、上塗りも2回重ねます。
メーカーのマニュアルでは1回仕上げとなっていますが、そうすると中塗りの白が透けて見えることがあるのです。そのため、もう一度塗り重ねることでトップコートの色をしっかり発色させて、美しく仕上げていきます。

横須賀市久里浜:屋根上塗り後

横須賀市久里浜:屋根上塗り後2

今回使用する色はライトブラック。
光りの具合もあり、明るいグレーにも見えますね。塗布し終えた屋根は光沢が輝き、つややかな仕上がりになっています。

この遮熱トップコートは濃彩色であれば、太陽熱の反射効果があり、また防汚性能もあります。
断熱効果に加えて、太陽熱を反射するダブルの効果で室温を低下。過ごしやすい室内環境を整えることで、省エネや電気代の節約にも繋がりますね。

横須賀市久里浜:屋根上塗り2回目ダメ込み

1回目の上塗り後は、よく乾燥させてから2回目の上塗りダメ込みをしました。
ダメ込みとはローラーの入りにくい所をあらかじめ、刷毛や小さなローラーで塗り込んでおくことを言います。

ここでは雨押さえと屋根材の間や、雪止め金具といった部分を先に塗っていきました。細部を仕上げておくことで、全体を塗装するのもスムーズになりますし、塗り落しや掠れを防ぐ意味合いもあります。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top