町田市での外壁塗装、屋根縁切り、上塗り1回目と外壁クラック処理

塗装職人ブログ
本日は町田市本町田での施工風景を掲載します。
担当職人は一級塗装技能士の竹山です。
先回、断熱塗料キルコートを使用して屋根の中塗りを2回終えたので
今回はまずタスペーサーを差し込み、縁切りから開始。
タスペーサーとは屋根材の重なり部分に差し込んで、隙間を空ける部材です。屋根材の隙間に塗料が詰まってしまうと、雨漏りに繋がる恐れがあるためなのですが、例外を除き、初めての塗装であれば縁切りは必要ありません。初めての場合でも、塗膜が特に厚く仕上がる今回のキルコートのような塗料を使用した場合は縁切りをします。
町田市本町田:屋根タスペーサー挿入
タスペーサーを差し込むのは上塗り1回目のときであったり、2回目が完了してからもありますが、今回は中塗りが2回仕上がった状態で進めました。縁切りは皮スキやカッターなどで行うことが多いですが、タスペーサーを使用することで、厚みのある塗膜が再びくっついてしまうことを防ぎます。
次にキルコート専用の遮熱トップを塗布して上塗りの1回目。
町田市本町田:屋根上塗り1回目
こちらは太陽光を反射したり、防汚効果がある材料です。計2回塗布することで、中塗りの白が透けないようにしっかり発色させます。ローラーを縦横に転がしてムラなく全体に行き渡らせました。
町田市本町田:屋根上塗り1回目完了
屋根の上塗り1回目が完了した様子です。鉄部やタスペーサー部分も含め、きれいに塗り上がりました。落ち着いた光沢の仕上がりになっています。
屋根の塗替え後は、外壁のクラック処理に移りました。
町田市本町田:外壁クラック
町田市本町田:外壁クラック処理
町田市本町田:外壁クラック処理2
外壁に細長く入っている亀裂部分に微弾性のフィラーをすり込み、表面を平らにならします。亀裂が大きい場合はシーリング材を充てんしますが、今回のようにヘアークラックと呼ばれるような細長いものはフィラーで補修しています。その方が上に塗料を重ねても、補修跡が目立たない仕上がりに。
次回は外壁塗装と、屋根の仕上げに入っていきます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top