経年劣化の補修作業

塗装職人ブログ
今回は、以前ご縁があったピンク色の外壁が可愛らしいお宅からご連絡を頂きました。
どうやら、サイディングが傷んで建築業者に張り替えを依頼。その際に周囲のサイディングと新しく貼り替えたサイディングの色を合わせるために塗り替えをしようとしたところ、上塗り材は以前の時に置いていったものがあるけれど、当時に使った下塗りシーラーが無いので分けてほしい。とのこと。
シーラーを運び入れて、塗装経過の様子や近況などを少しお話していたのですが。途中で「破風が少し傷んできたのが気になる」との言葉を聞いて、家周りを見て廻ったところ、確かに木部の一部が傷んで見えていました。ですが、他は十分に艶がある様子。塗装不備によるものではなく「経年による劣化」として報告させて頂きました。
2013年10月21日 破風補修 劣化1
2013年10月21日 破風補修 劣化2
およそ10年に1度のメンテナンスが必要になる外壁塗装。もちろん、それも家の状況によって異なります。塗装職人での木部の保証は4年と定めており、今回のお宅は5年ほど前の施工。ただでさえ傷みやすい木部が、5年の月日の間 毎日、風雨や紫外線に晒されて傷みが進んでしまったようです。本来なら保証対象外になるのですが、連絡頂いたご縁もあったので、シーラーを運び入れると同時に簡単な補修もさせて頂きました。
2013年10月21日 破風補修 五十嵐様
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top