青葉区での屋根塗装と外壁中塗り

塗装職人ブログ
連日作業をしている青葉区梅が丘の現場では屋根と外壁の中塗りが進められました。
今まで一級塗装技能士の川口がひとりで施工していましたが、今日は助っ人として山之内が来ています。屋根と外壁に分かれてそれぞれの仕事を開始しました。
2014年2月21日 青葉区梅が丘:屋根中塗り
数日前に下塗りを終えた屋根にはサーモアイの主材で中塗りです。
雨押さえや雪止め金具を先に塗装してから、屋根全体に塗料を行き渡らせていきました。遮熱性能をいかんなく発揮させるためにたっぷり塗り重ねます。
鉄部は平滑で、艶やかに塗り上がっていますね。
今回は、屋根も外壁も中塗りで使用する塗料の色と仕上がりの色は異なっています。同色にしないことで塗り落しや掠れ・透けがわかりやすくなり、しっかり均等に塗膜をつけていくことができるのです。
2014年2月21日 青葉区梅が丘:外壁中塗り
一方、こちらは外壁を塗っている山之内。中塗り塗料の色はオフホワイト系の色なので下塗りとの違いが少しわかりにくいかもしれません。レンガの周囲だけは後から塗装するため避けて、それ以外の全体にたっぷり塗り込んでいきます。使用した塗料は水性シリコンセラUV、高い耐久性・低汚染性に優れているのでお家を美しい状態で長期間保護してくれることが期待できます。
2014年2月21日 青葉区梅が丘:軒中塗り
軒部分は足場板がなく、手も届かないので長柄という棒の先端にローラーを取り付けて塗っています。軒以外にも足場の立てられない天井や、急勾配で塗りにくい屋根の下側、体を入れるスペースのない外壁などさまざまな場所の塗替えで活躍する道具です。
換気孔の周りやタイル外壁にはしっかり養生を済ませてあるので、塗料の付着を心配せず塗り進められます。養生は作業効率にも関わってくるんですね。
2014年2月21日 青葉区梅が丘:外壁上塗りダメ込み
この日は外壁の上塗り・ダメ込みまで完了させました。ハケや小さなローラーでタイルや換気孔、窓の周りを先行して塗り込んでおきました。こうすることで翌日からはローラーで広範囲を塗れますし、ムラや掠れを防いで均一な塗膜に仕上げることが可能です。いい塗料をたっぷり使用しても、塗膜の厚みにムラがあれば耐久性に影響が出てくることも考えられますので、このようなダメ込みで対処しておきます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top