青葉区で遮熱性能のある塗料で屋根上塗り、雨戸塗装

株式会社塗装職人ブログ
本日は2月の初旬から施工させて頂いている、青葉区梅が丘の現場で屋根の上塗りと雨戸などの付帯塗装を行います。
2014年2月23日 青葉区梅が丘:屋根上塗り
まずは屋根トタン部をハケとローラーを使い分けて仕上げました。鉄部のような平面を塗装する際には短毛ローラーを使用すると、ローラーの跡が出にくく塗料も均一に塗布できてフラットに塗り上げることができます。雪止め金具は刷毛で裏表一つずつ塗り込んでいきました。こちらもローラー塗装できないことはないのですが、細かい部分のため塗料が溜まったり、垂れたりしてしまうので、きれいに仕上げるためにハケ塗りします。
トタン以外にも細部をハケで塗り込んでダメ込みしておき、隅々まで塗料を行き渡らせることで均等な厚みの塗膜をつけていきます。
写真の左下に見えるのはローラーでの上塗り。スレート(屋根材)に沿わせたり縦にローラーを転がして塗料をたっぷり重ねます。中塗りの色は上塗りと違うので、塗料の掠れや透けがわかりやすいです。下の色が見えないように塗布して、サーモアイを使用しているので遮熱性能はもちろん、紫外線や風雨からもしっかり保護してくれる厚膜に仕上げていきました。
2014年2月23日 青葉区梅が丘:雨戸下地調整
こちらは雨戸塗装に入ります。雨戸は屋根のトタン部などと同じく下地がツルツルとしているため、下地調整をしてから塗り替えに入ります。ハンドパッド(紙やすりを使用することも)でゴシゴシ研磨することで細かな傷がつくので、そのザラツキが引っ掛かりとなって塗料がしっかり食い付き、剥がれにくい塗装になるのです。
塗替えでは表面に見える部分だけではなく、仕上がってしまうと見えない、塗料を乗せる前段階こそ重要な工程だと言えるでしょう。
2014年2月23日 青葉区梅が丘:雨戸下塗り
下地調整後、今回は塗料の密着度をあげるプライマーで下塗りしました。サビが発生している場合は、仕上がりに合わせた色のサビ止めを塗布してサビの再発を防ぎ、耐久性を高めます。
プライマーは刷毛で一段ずつたっぷり塗っているため、つやっとしていますね。下地調整とプライマーで塗料の食い付きも向上し、剥がれにくい塗膜が期待できそうです。
雨戸の塗装については、傷みから保護する目的というよりは、美観を向上させる要素が大きいです。外壁が塗り替えによってきれいになると、塗り替えをしていない雨戸が悪目立ちしてしまうということがあります。そのため、外壁と一緒に塗替えされる方も多いのです。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top