戸塚区での塗装工事、鉄部下塗り

株式会社塗装職人ブログ
本日も一級塗装技能士の竹内が戸塚区南舞岡のお宅で塗装工事を行います。
今回は鉄部塗装の下塗り風景を中心にお伝えしたいと思います。
まずは下塗りに入る前に、欠かすことのできない工程があります。
鉄部のような表面がツルツルしたところには塗料の引っ掛かりがないため、材量をたっぷり使用してせっかく厚膜に仕上げても塗膜が剥がれやすくなってしまいます。
そのため、サビを落としてから、全体に細かな擦り傷をつけることで表面にわずかなザラつきを作り、塗料の食い付きを良くさせます。これをケレン、または下地調整と言います。(細かい傷をつけるだけの場合は目荒しとも呼ばれています。)
ケレンでよく使用されるのは皮スキという金ベラや、マジックロンというナイロンたわし。雨戸のような凹凸のあるところは紙やすり(サンドペーパー)で研磨していきます。
ケレンを終えたあとは下塗りに入りました。使用するのは日本ペイントのパーフェクトプライマーという下塗り材。下地と塗料の密着度をアップさせ、サビ止め効果もあります。今回はこちらのダークグレー色をたっぷり塗布、傷みやすい鉄部の耐久性を向上させて長持ちする塗装に仕上げていきます。
2014年2月3日 戸塚区南舞岡:換気孔塗装前
2014年2月3日 戸塚区南舞岡:換気孔下塗り後
こちらは軒下の換気孔の下塗り前と下塗り後です。プライマーを細部まで塗り上げたあとは、マットな質感ながらも光沢が出ています。
2014年2月3日 戸塚区南舞岡:シャッターボックス塗装前
2014年2月3日 戸塚区南舞岡:シャッターボックス下塗り後
同様にシャッターボックスも下塗りです。細部はハケで塗り込みますが広い面はローラーで仕上げました。このとき、毛足の短いタイプを使用するとローラー筋が付きにくく、平滑に塗ることができます。
道具は様々ありますが、適材適所で使い分けることで、きれいにしっかり塗料を塗布していきます。
次回は軒下の下塗りを開始します。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top