戸塚区での軒裏下地調整と下塗り、下地補修で耐久性アップ

株式会社塗装職人ブログ
本日も引き続き戸塚区南舞岡の現場で、塗装指導員の竹内が腕をふるいます。
こちらのお宅の施工風景をお伝えするのも早や3回目となりました。
今回は軒裏と破風板の下塗り、玄関前の軒の下地調整を行います。
軒裏、破風板も下塗り前には目荒しをして材料の密着度をアップさせました。サンドペーパーで研磨して微細な傷をつけたのちに、浸透性シーラーを塗布します。このシーラーは水のようにサラサラとした乳白色の材料ですが、乾くと透明になります。下地と塗料の接着剤の役割を果たして、剥がれにくい塗膜を形成するための大事な工程です。
2014年2月5日 戸塚区南舞岡:軒、破風下塗り後
竹内一人での施工のため作業中の写真がないのですが、こちらがシーラー塗布後の破風板・軒下です。うっすらツヤ感が出ているのがわかりますでしょか。
2014年2月5日 戸塚区南舞岡:軒裏下地調整後
場所は変わりまして、こちらは玄関前の軒裏の下地調整を行ったところです。軒にはひび割れがあったので、ポリパテを盛ってヘラで平らに均しました。下地からしっかり補修をすることで耐久性が向上することはもちろん、塗装をした際にフラットで美しい仕上がりを得られます。
次回は本日下塗りした箇所の中塗りに移ります。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top