川崎市宮前区での施工事例、屋根と付帯部上塗りで紫外線防止にも

今回は以前の施工事例から、川崎市宮前区で3月19日に行った作業について掲載します。職人は引き続き、一級塗装技能士の竹内。

前回は帯板や付帯部の上塗りを終えました。この日はシャッターボックスと屋根の上塗りをします。

川崎市宮前区での施工事例、帯板、破風、樋上塗り

2014年3月19日 川崎市宮前区:シャッターボックス上塗り

破風や帯板、雨樋は黒色系で仕上げましたが、シャッターボックスはシャッターと合わせて茶色で仕上げます。すでに下地調整とパーフェクトプライマーでの下塗りを終えているので、シリコン塗料を重ねていきました。

ボックスの周囲を刷毛で先行して塗装(ダメ込み)後、ローラーで全体に塗料を行き渡らせます。このとき、ローラーの跡が塗布面についてしまわないように、毛足の短いものを使用。塗りムラや凹凸が出ないようにフラットに仕上げました。

2014年3月19日 川崎市宮前区:シャッターボックス上塗り完了

塗替え後は、塗料の光沢がつややかに輝く美しい仕上がりとなりました。外壁の模様が映り込んでいるので、ちょっと鏡面のように見えませんか?外壁のクリヤー仕上げのツヤと相まって、まるで新築のような印象になっています。

そのあとは、屋根と下屋根に移動して上塗りの開始です。中塗りと同じく、ブラックの塗料で仕上げていきます。

2014年3月19日 川崎市宮前区:屋根上塗り

2014年3月19日 川崎市宮前区:下屋根上塗り完了

2014年3月19日 川崎市宮前区:屋根上塗り完了

2014年3月19日 川崎市宮前区:屋根上塗り完了2

鉄部は平滑で美しく塗り上がりました。雪止め金具も一箇所ずつ刷毛で塗り込んでいます。ローラーでも塗れないことはないですが、細かい部分のため全体に塗布しようとすると、塗料が溜まってしまったりムラになりやすいので、刷毛で丁寧に仕上げています。

前日に続き、今回も天気がよくないため、屋根全体の光沢感は少し見えにくいですね。屋根も他の施工場所と同様に、塗料をたっぷり重ねて厚膜に仕上げたので、耐久性の高い塗装になったと思います。紫外線や雨風による傷みを防いで、屋根の状態を長く保持することが期待できそうです。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00