川崎市多摩区での外壁塗装、養生と付帯中塗り、ひび割れ補修

2月からあっという間に3月に入りまして、本日も川崎市多摩区のお宅で外壁塗装を進めてまいります。一級塗装技能士の星野が、養生と幕板・破風の中塗り、外壁のクラック補修を中心に施工しました。

2014年3月4日 川崎市多摩区:窓養生

2014年3月4日 川崎市多摩区:ベランダ手すり養生

軒の上塗りが完了したので、外壁塗装に入る前に塗替えしない場所の養生をしていきます。養生は塗らない部分をカバーすることで、汚れを付着させないという役割と塗り分けの線を真っ直ぐきれいに出すために行う大事な作業です。養生を適当に済ませてしまうと、あとから掃除をする箇所がたくさん出てきてしまうので前もって入念に準備しておきます。

窓はマスカーという、ビニールとテープが一体化した資材でぴったり覆いました。ビニールは風で煽られると音がしてうるさくなってしまうので、たゆませないように貼ります。
ベランダの手すりや笠木も塗替えしないので養生です。手すり部分はベランダ内に出入りする際に足を乗せることがあるので、破れにくい厚手のブルーシートを使用してテープでガッチリ固定しました。その上から笠木を含めてぐるりとマスカーで覆って塗料の付着を防ぎます。室外機はメッシュ状のシートを被せて保護しています。

2014年3月4日 川崎市多摩区:外壁レンガ部養生

こちらは場所が変わりましてレンガ部分の養生です。剥がれてきたり、塗料漏れが起きないようにレンガの形状に沿わせてテープを貼っています。

2014年3月4日 川崎市多摩区:幕板中塗り

養生後は幕板と破風の中塗りに入ります。先日、ひび割れの補修と下塗りを終えたところにチョコレート色の塗料を重ねていきました。はじめは、ダメ込みといって幕板の下側から小さなハケを使って塗り込んでいます。細部を仕上げてからの方が、広い面を塗装するときに塗りムラや掠れを防げますし、作業もしやすいのです。

2014年3月4日 川崎市多摩区:破風板中塗り

2014年3月4日 川崎市多摩区:破風板中塗り後

こちらは破風板の中塗りです。たっぷり塗布した塗料が陽の光にあたり、つやつやと輝いています。雨樋と隣接している、このような狭い面も丁寧に塗り込みました。あまり人目につく部分とは言えませんが、そのような箇所だからこそ、よりきれいにしっかり塗り上げようと職人のプライドに火が点くのです。

2014年3月4日 川崎市多摩区:外壁クラック補修

外壁塗装に入る前に壁に発生していたクラック(ひび割れ)の補修をしました。髪の毛のように細いクラックの場合は弾性の下塗り材をたっぷり塗り込み、中塗り・上塗りと塗料を重ねることで埋まりますが、今回は厚膜シーラーをひび割れ部分に塗り込んで固める方法で対処しました。小さなローラーにシーラーを含ませてひび割れ箇所に沿って塗布していきます。

塗料だけでは対処できないひび割れは、塗り替え前に適切に補修をしていくことで、傷みの進行を抑えて長持ちする外壁塗装に仕上げます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00