旭区での断熱屋根塗装、屋根上塗り2回で温度上昇を抑制

株式会社塗装職人ブログ
今回は旭区鶴ヶ峰本町での断熱屋根塗装、上塗り風景を掲載します。
この日は一級塗装技能士の川口がひとりで施工しました。
前回、屋根のケレン・下塗りから中塗り2回を行ったので、本日は上塗りを2回重ねていきます。
ここでも2回塗るの?と不思議に思った方もいらっしゃるかもしれません。このキルコートを使用した場合、上塗りを1回にしてしまうと、厚く重ねた中塗りの白が透けて見えてしまうのです。そのため、当社ではもう一度上塗りを重ねて、しっかりと仕上がりの色を出すように施工しています。
旭区鶴ヶ峰本町:屋根上塗り1回目
旭区鶴ヶ峰本町:屋根上塗り1回目完了
上塗りはキルコートの遮熱トップを使用します。これを塗布することによって断熱性能だけではなく、太陽熱を反射することも可能となります。日射反射効果で、屋根の温度上昇を抑制してくれるため、屋根下の部屋では特にその効果を体感できると思います。
旭区鶴ヶ峰本町:屋根上塗り2回目ダメ込み
旭区鶴ヶ峰本町:屋根上塗り2回目ローラー塗装
こちらは上塗り2回目の様子。鉄部と屋根材の境目、細かな部分は刷毛で先行して塗装。ダメ込みとも言いますが、塗り落しやムラを防いで、全体に均等に塗料が付着するようにしています。それから全面をローラーで塗り上げていきました。
旭区鶴ヶ峰本町:屋根上塗り2回目完了
上塗り2回が完了した状態です。太陽の光を反射して、とてもきれいな光沢が輝いていますね。使用したパリスプルーの色もしっかり発色されています。
濃厚な塗料を惜しみなく塗布して計5度塗り、耐久性のある厚膜に仕上がりました。
これからの暑くなる季節、断・遮熱性能も存分に発揮されることと思います。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top