横浜市瀬谷区で屋根塗装、中塗り2回目で断熱性能アップ

本日は横浜市瀬谷区での施工風景を載せていきます。
こちらの現場の担当職人は、一級塗装技能士の星野と曽根カズ。

先回、下塗りと中塗りをした屋根に、中塗りの2回目をしていきます。

横浜市瀬谷区での屋根塗装、屋根下塗りと中塗り1回目

使用しているキルコートは中塗り2回、上塗をり2回するので、下塗りを合わせると計5回塗料が重ねられ、厚みのある塗膜に仕上がります。

キルコートは、主材の断熱性能で熱の通過が抑制され、上塗りの遮熱トップで日射反射効果を発揮。夏場は室内温度を抑制し、冬場は冷たい外気温の浸入を減少させて、過ごしやすい室内環境に貢献する塗料です。
また、保温瓶効果もあり、冷暖房の利きをよくしてくれるので、電気代の節約にもなりますね。

横浜市瀬谷区:屋根中塗り2回目

中塗り1回目のときとは違う色の主材を塗布しています。色を替えることで、塗り残しや掠れがわかりやすくなります。上から順々に塗り進め、ローラーを横と縦に転がして均等な厚みの塗膜に。

横浜市瀬谷区:屋根中塗り途中

屋根先端から見た全体図です。今回は少し珍しい塗り方をしている気がします。いずれにしても、職人の足の踏み場を残しつつ(そうしないと足の置き場がなくなり、屋根に取り残されてしまうことに…)、全体にムラなく塗布して中塗りが完了となります。

次回は遮熱トップにて上塗りをしていきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00