横浜市保土ヶ谷区での塗装工事、屋根中塗り2回と外壁上塗り

株式会社塗装職人ブログ
本日は横浜市保土ヶ谷区で行った、塗装工事の様子を掲載します。
担当した職人は一級塗装技能士の川口と2級の曽根カズのふたり。
先ずは屋根の中塗りから開始。
横浜市保土ヶ谷区:屋根中塗り1回目
横浜市保土ヶ谷区:屋根中塗り1回目2
こちらのお宅は外壁と屋根の両方を断熱塗料のキルコートで塗装しています。外壁でも中塗りは2回していましたが、屋根でも2回たっぷりと塗布して厚みのある塗膜に仕上げていきます。
1回目の中塗りを乾かしている間に、外壁の上塗りを進めました。
横浜市保土ヶ谷区:外壁上塗り材料
横浜市保土ヶ谷区:外壁クリヤー上塗り
外壁はTSクリヤーという塗膜にツヤを出しながら、汚れの付着を予防する効果のあるトップコートを使用します。材料自体は乳白色ですが、名前の通り透明に仕上がります。ローラーを縦横に転がし、くまなく保護膜をつけて完成となりました。
横浜市保土ヶ谷区:屋根中塗り2回目
横浜市保土ヶ谷区:屋根中塗り2回目2
次は屋根の中塗り2回目をスタート。1回目の時点では、下地の色が少し透けているところもありましたが、もう一度塗布することで真っ白に覆われていきます。塗膜の厚みをしっかり確保して、断熱効果を存分に発揮できるように仕上げました。
横浜市保土ヶ谷区:下屋根下塗り
横浜市保土ヶ谷区:下屋根中塗り
下屋根の塗装も同様に開始。まずは下塗りのシーラー塗布、そして中塗りを2回繰り返しています。足場があるところは、ジャッキベースを上に持ち上げて施工しました。
キルコートを使用した断熱塗装で屋根の温度上昇が抑制されるので、屋根下の室温も低下。真夏はサウナのようになってしまう部屋の、室内環境の改善が見込めます。室温が下がることで、エアコンの使用電力も削減され、省エネや電気代の節約にも。
本格的な夏が始まる前におすすめしたい塗装です。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top