片手で4本のヘラを使いこなすシーリング職人

シーリング(コーキング)職人は、ヘラさばきこそ腕の見せどころ。

つまり、手ワザのための道具を自由自在に操るわけです。上の写真のように左手の指にはさむヘラは四種類。これらを作業箇所によって使い分けて、まさしくヘラの四変化を演じます。

こういう箇所や、

こんな箇所、

そしてまた、このような箇所。

以上、三例だけ紹介しましたが、もう一度、左手に挟まるヘラ四種類と見比べて、残る一例がどのような箇所で使われるか?想像してみてください。シーリング(コーキング)工程だけでも、テーピング→ 接着剤ハケ塗り→ シーリング剤ガン打ち→ ヘラ作業と、熟練のワザを必要とするプロセスがありますが、ヘラでシーリング剤を均等かつ的確に整え、雨の浸入などないように壁材の目地をしっかり埋める手ワザの重要性はいうまでもありません。

また、シーリング(コーキング)職人さんが、最後にニクイひとこともつけ加えてくれました。
「つねに、次の仕事(下塗り)を考えて、平滑な仕上がりを心がけています」
さすが!ですね。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top