チョーキングに最適なサイディングの塗料とは?

あまり自分たちのミスは公開したくはないのですが・・・これはもう6年ほど前に塗り替えさせていただいたお家の外壁サイディングの話です。

塗膜の剥離です。

2013-10-29 12.57.31.jpg

補修するために、弱くなった部分をトコトン手作業で剥離しました。

2013-11-03 14.09.21.jpg

2013-11-02 14.29.20.jpg

再塗装後です。

2013-11-03 15.49.19.jpg

原因は、おそらくチョーキングです。
このお宅の外壁は当時チョーキングがすごかったのです。触ると手に白っぽい粉が付きます。いつも通り高圧洗浄をしたわけですが、問題なのはその後。

下塗りに、水性シリコンエポサーフというサフェーサーで塗ったのが原因でした。サフェーサーというのは、チャプチャプしたシーラーと違って、フィラーのように少しねっとりしている下塗り塗料です。チョーキングが激しい外壁の場合、このサフェーサーはどうやら最適ではないということが、後から判明したのです。

もちろん、メーカーのマニュアル通りに施工はさせていただいています。ただチョーキングが激しい外壁の場合、どんなに高圧洗浄をしても、塗装を完全に取り除かない限りチョーキングは取りきれません。チョーキングは塗料成分の樹脂に収まっている、色である顔料が浮き上がってくる現象です。

塗装の膜は、何ミクロンという世界で、その塗膜のどこからどこまでがチョーキングの層なのか、はっきりした境はありません。なので、どんなに高圧洗浄をしても、次から次へとチョーキングの白っぽい水が流れ、キリがありません。

高圧洗浄でチョーキングが白っぽい水になって流されています。

miura-tei (29).JPG

で、なぜサフェーサーがダメなのか。
理由は、ねっとりしている分、取りきれないチョーキングにブロックされて、外壁下地に密着しないのです。その結果、剥離が起きました。これが水のようにサラサラ、チャプチャプのシーラーだと、チョーキングが取りきれない外壁でも下地まで浸透するというわけです。

お客さんには大変迷惑をかけてしまった例ですが、当時は長持ちするだろうということで、わざわざシーラーよりも高価で塗り手間がかかる、このサフェーサーで下塗りをすることもありました。メーカーでは、シーリング汚染にも効果があるということで、モルタルよりもサイディングに比重を置いていたような気もします。

ただ仕様通り施工したとしても、このような弱点が後からわかることもあります。チョーキングがない場所では、恐ろしいほどの密着性を発揮するんですけどね。これから塗装を計画される人で、外壁を手で触ってみてチョーキングが激しい場合は、以上のことを参考にしていただければと思います。

これは現場数をこなしているからこそ判明している事例かもしれません。メーカーの仕様にも想定外があるといういうことの一例だと思います。

代表・曽根
一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top