川崎市での屋根塗装と下地調整

7月1日、本日は川崎市中原区での外壁塗装です。
作業には一級塗装技能士であり、その上位資格である塗装指導員でもある竹内が作業に入りました。

まずは家を丸ごと高圧洗浄をして古い塗膜やコケ、汚れなどを落としていくのですが、今回のご報告の前に高圧洗浄を終えているので、既に屋根の汚れは落とされ白っぽい素地が見えています。

2013年7月1日 川崎市中原区にて外壁塗装:屋根ケレン

今日の作業は屋根の鉄部をペーパーで擦っていくところから始まります。目荒らしと言って鉄部にわざと細かい傷を付けて凹凸を作ることによって、塗料の密着性を上げる効果があります。段差になっている部分も丁寧に。

2013年7月1日 川崎市中原区にて外壁塗装:屋根下塗り

目荒らしが終わったら次は下塗りとしてパーフェクトプライマーを塗布していきます。パーフェクトプライマーは鉄部用の下塗り剤として錆び止めの効果もあります。
これからの時期など気温が高くなると鉄板の温度も上がって塗料が硬化するまでの時間が早くなる為、塗装の繋ぎ目が出ないように注意しながら手早く塗り進めていきました。

2013年7月1日 川崎市中原区にて外壁塗装・下屋根錆び止め

シャッター上の下屋根の錆び止め塗装です。こちらも際まで丁寧に刷毛で塗っています。ただ足場が無い位置の塗装だったので、足場を組む際に少し飛び出た単管に乗っての作業。

とても不安定な上での作業なので、慎重に行いました。

2013年7月1日 川崎市中原区にて外壁塗装・縦樋ケレン

2013年7月1日 川崎市中原区にて外壁塗装・縦樋下塗り

縦樋も屋根鉄部と同様にペーパーで細かな傷を付けて塗料の食いつきを良くした後にミッチャクロンを塗布。これから塗る中塗りと上塗りの密着度を高めます。とても狭い所での作業だったので、身動きが取りづらく作業効率がなかなか上がらずに苦労しました。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00