神奈川区でのタイル補修、綺麗に仕上がりました。

本日は、横浜市は神奈川区、臼井第二ビルのタイル補修にやってきました。

タイルの状態は一見綺麗な状態なのですが、打診調査をしたところタイルの浮きが発見されたので、張り替えをします。打診調査とはテストハンマーとも言い、先端に玉のついたような棒状のものでタイルの上を撫でるように転がして、音の違いを聞き分けます。浮きがない部分は響きませんが、浮きがある部分では音が奥に響くような感覚がしますね。

マスキングテープを貼っている部分を補修します。

2013年7月27日 神奈川区:薄い第二ビルタイル補修

ちょうど中段の一列と、左側の二段が浮きがあった場所です。見た限りでは本当に、綺麗なもので、浮きがあるのが分かりません。

2013年7月27日 神奈川区:薄い第二ビルタイル補修

画像ではちょっと分かりづらいですが、マスキングテープを貼ったタイルの周りにサンダー(ダイヤモンドカッター)で切れ込みを入れています。これでタイルを剥がせる状態になりました。

さて、ここから、タイルをはつり……タイルを壊して行きます。

2013年7月27日 神奈川区:薄い第二ビルタイル補修

2013年7月27日 神奈川区:薄い第二ビルタイル補修

タイルを叩いて壊し、剥がしてみると、左側の縦に剥がした部分が酷く崩壊していました。

近寄って見てみると、ヒビが入ってボロボロです。浮きがあると簡単に言っても、剥がして見ないとその状態は分かりませんので、剥がして驚く…と言う事も多々ありますが、今回もその例だったような気がします。この部分にモルタルをつめて、下地の補修をしていきます。

2013年7月27日 神奈川区:薄い第二ビルタイル補修

補修が終わりました。上の画像では穴が空いたような状態になっていた部分、ヒビが入っていた部分もしっかりと埋めています。

この後、下地が乾き次第、タイルを貼りつけていきます。

2013年7月27日 神奈川区:薄い第二ビルタイル補修

さて、タイルの張り替えが終わりました!すっかり綺麗になりました。下地も補修済みなので、打診をしても他の部分と同じような音がします。

実質これで”張り替え”自体は終わりましたが、まだ目地の部分が治っていません。見て分かる通り、張り替えた場所のタイル周りは少しくぼんだように見えます。このまま放置をすれば、見た目にもちょっと抜けたような…明らかに足りてない状態になります。なので、この後はこのくぼんだように見える目地にモルタルをつめて目地を埋めます。

2013年7月27日 神奈川区:薄い第二ビルタイル補修

目地を埋めました。シール材と違って上からガッツリと塗っていますので、補修した部分のタイルにたっぷりと材料が付いていますね。この後、水をかけて……しまうと、折角入れ込んだ目地部分のまで流れてしまうので、水拭きでタイルの汚れを落とします。

あまり張り替えの範囲は広くはないのですが、これがもし一面だと思うと、なかなかに大変な作業になりますね。乾いてない今の状態ですとグレーですが、乾くと他の目地部分と同じように白くなります。目地を埋めるために塗った材料の、ちょうど端の部分が乾いて白くなっているのも分かりますね。

2013年7月27日 神奈川区:薄い第二ビルタイル補修

水拭きが完了しました。拭いたところが湿っていますが、綺麗になりましたね。これでタイルの張り替え補修工事が終わりました。張り替えた所は全く見て分からない状態で、綺麗に仕上がっています。

ちなみに張り替えた場所はここですが……

2013年7月27日 神奈川区:薄い第二ビルタイル補修

分かりますか?
見た目には全く変わる事のなかったタイルですが、これで浮きもなく崩壊する事もないので、安心していただきたいです。

今回の作業動画ではありませんが、マンションのタイル補修をした動画になります。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top