川崎市での外壁塗装、遮断熱性に優れた塗料の下塗り

株式会社塗装職人ブログ
本日も引き続き、川崎市中原区での塗装作業です。
まずはサッシの下塗りから。
細い部分ですが、小さな刷毛でしっかりと塗り進めていきます。
2013年7月3日 川崎市中原区にて外壁塗装・サッシ周りシーラー
こちらでは職人・曽根カズが同様に下塗り中。
サッシ裏などの狭い所は小さな刷毛を使い、シーラーを塗装していきました。広い面はローラーを転がして。道具を塗装場所や塗装する部分の材質などで使いわける事で、隅々まで綺麗に塗布する事が出来ます。
2013年7月3日 川崎市中原区にて外壁塗装・窓枠下シーラー
2013年7月3日 川崎市中原区にて外壁塗装・ローラーにて下塗り
その後はキルコートを取り扱うメーカーさんに来て頂き、お話させて頂きました。
キルコートの取り扱いは難しく。私たち塗装職人でも取り扱いには十分に注意していますが、斜から見た時の仕上がり艶に多少のムラが出来てしまう場合の改善点をご指導頂いています。
キルコートはビーズを含ませた塗料で、とてもふわふわとした塗料です。
4~5回塗り重ねるこの塗料は遮断熱性に優れ、夏は蒸し暑い外気を。冬は家中の暖かな空気を逃がさないようにしてくれます。これからの暑い夏の前に外壁塗装を考えていらっしゃる方には良い塗料かもしれませんね。
2013年7月3日 川崎市中原区にて外壁塗装・メーカー説明
少し話は逸れましたが、こちらがメーカーさんから説明を受けている職人たち。
写真・右側で紺色のシャツを着ているのは 一級塗装技能士であり、塗装指導員の資格を持つ職人・竹内。メーカーの方と直接連絡を取り合い、塗料の特性や傷みの相性を把握している熟練の職人です。塗装歴20年以上のベテランですが、精進する機会を逃すまい。と真剣な表情で話を聞いていました。
2013年7月3日 川崎市中原区にて外壁塗装・キルコート撹拌
その横では 職人・島田が手にした道具を使って、混ぜ合わせ方のポイントを実践していました。道具の電源を入れる前に上下に混ぜることで上澄み部分まで浮きあがってしまったビーズを全体に混ぜ合わせていきます。何もしないと上澄みにビーズが溜まってしまい、下はビーズが無い塗料となってしまうため、とても大事な作業です。数十秒の間、ある程度混ぜ合わせたら次は道具の電源を付けて、しっかりと混ぜ合わせていきます。この時にも腕は上下に動かし、浮きあがったビーズを塗料全体へ撹拌していく事が大事なポイントになるとお話して頂きました。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top