川崎市での外壁塗装、中塗り2回目

前回の塗装の続き、キルコートの中塗り。今回は2回目です。

2013年7月7日 川崎市中原区にて外壁塗装・キルコート外壁中塗り2回目

キルコートの中に含まれているビーズは軽い為、そのままにしておくと上澄みの方に溜まってしまい、下の方の塗料にはビーズが入っていない…なんて事になってしまいます。なので、今までの記事にも多く見られましたが、上下にしっかりと混ぜ合わせていく必要があります。

数時間ほどなら問題ないのですが、日を空けてしまうとまた下の方にビーズが沈殿してしまう為、塗装を行う前には必ずかき混ぜ直します。今回もしっかりと混ぜ合わせてから作業に取り掛かりました。

キルコートは白い塗料の為、中塗り2回を終わらせると全体が真っ白に。この作業が終わった後は上塗りで施主さん好みの色を付けていきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00