旭区でのシーリング(コーキング)交換、プライマー塗布と充填

株式会社塗装職人ブログ

昨日と同じく旭区さちが丘での塗装にやってまいりました。

強い日差しの中、眩しさはメッシュシートがどうにか守ってくれます。ただ差し込む日の光には勝てませんので帽子は欠かせませんので、塗装職人、とロゴの入った帽子をかぶっていざ仕事に挑みます。
さて、昨日撤去までは終わっておりますので、本日は密着剤にもなるプライマーの塗布から入ります。
2013年8月27日 旭区さちが丘早川邸:目地へのプライマー塗布
2013年8月27日 旭区さちが丘早川邸:目地へのプライマー塗布(角)
もちろん養生は完了済みです。目地の幅に合わせて、キッチリと貼っています。ただサイディングの溝が深いので、そういったところに上手く貼るのは凄く難しかったです。
2013年8月27日 旭区さちが丘早川邸:目地へのプライマー塗布中(横)
プライマーを目地に…刷毛でしっかりと塗って行きます。
壁や屋根はもちろんローラーを転がして塗って行くのですが、いくら小さいピンローラーと言えど、縦に入れてころがせもしません。
一見大変な刷毛での塗装ですが、実はこれが一番効率が良いのです。
2013年8月27日 旭区さちが丘早川邸:目地へのプライマー塗布(角)
角の目地にもしっかりとプライマーを塗布します。
この後、シール材を充填して目地に注入し、ヘラ均しをしていきます。シール材は外壁を塗ることを考えてウレタンの二液シール剤で、15分ほどしっかりと撹拌します。この撹拌が甘いと、目地が固まらずずっと指に付くようなぺたぺたした感じになってしまうので、撹拌の残しがないように15分間の撹拌を終えたらシール剤を専用のガンに入れて注入していきます。
パッと見るだけでも深い目地ですので、注入が甘くて隅まではいらない……というようなことが起きないよう、しっかりと目地にシール剤を注入してきました。
一般住宅でもサイディングには、外壁の目地だけではなく、サッシの間、などなど…様々な場所がありますので、一日では終わりません。と言う事で、翌日もシールの打ち替え工事の続きを行います。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top