川崎市でバルコニーのウレタン防水

塗装職人ブログ
前回(7月31日)に行った川崎市宮前区の防水塗装、続きのご報告です。
今回ももちろん島田の続きの施工です。
一番スタンダードな一般密着工法での施工です。
もちろん手慣れているからと言って素早い作業でもなく、家によって大きさも幅も形も様々ですので、体でバルコニーの形を覚えながら、効率の良い作業を模索します。
さて、玄関上とバルコニーのウレタン塗装が終わりました。
2013年8月2日 川崎市宮前区鈴木様:バルコニー防水
2013年8月2日 川崎市宮前区鈴木様:バルコニー防水
2013年8月2日 川崎市宮前区鈴木様:バルコニー防水
2013年8月2日 川崎市宮前区鈴木様:バルコニー防水
肉厚みもそれなりに付けるので、一滴の雨水も見逃さない、びたっと雨漏り防止の完全防水です。
まだ乾いていないウレタンは妙に艶やかに水っぽく見えますね。ウレタンは合計で二回塗布します。
コテによってモルタル下地を補修する場合や、よりひび割れ防止のためのメッシュ状のクロスを入れる場合は、6工程以上にもなりますが、ウレタンの塗布自体はどの状況にも2回の塗布です。
前回薄くですが見えていたクロスもすっかりと隠れて、ウレタンの厚みが分かります。
ウレタン二層目が乾き次第、この上にウレタンが傷つかないようにトップコートを塗ります。ウレタンは、いわばゴムのような素材になっていますので、折角防水のために塗ったウレタンに傷を付けたら意味がありませんよね。
見た目の傷もですが、何より目に見えない紫外線による傷からウレタンを守るのが、トップコートの仕事です。
ひび割れはクロスが、紫外線での傷みはトップコートで守り、水漏れのないバルコニーと玄関上に仕上げます。
今回も一人なので、塗装中の写真はなく、ウレタン二層目が終わり乾くまでの物だけで申し訳ありません・・・。
別の住宅になりますが、防水塗装を行っている動画です。使用する材料や、エアコン室外機のどかし方、クラックの補修など、今回のバルコニーの施工よりも手数の多い動画になりますが、是非ご覧になってください。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top