川崎市での防水塗装、バルコニーはマットな仕上がり

株式会社塗装職人ブログ
先日行った玄関上、バルコニーの防水塗装。
玄関上はトップコートまで終わり、これで施工完了です。ウレタンのみですとなんだかとてもてかてかしたようないかにもな風貌でしたが、ダークグレーのトップコートを塗ることでマットな雰囲気に仕上がりました。
下手に光が反射しなくなったことで、安っぽい感じから脱したような気もします。
排水溝の部分には新しいものを取り付け、落ち葉などが入ってきても流れて雨樋等を詰まらせないようにしています。
2013年8月3日 川崎市宮前区鈴木様:バルコニー防水
2013年8月3日 川崎市宮前区鈴木様:バルコニー防水
光の反射具合もマットになって、眩しさも軽減されました。
2013年8月3日 川崎市宮前区鈴木様:バルコニー防水(玄関上全体図)
空の青さが写しだされながらも、眩しすぎない色味に仕上がっていますね。
バルコニーの方はいまだ二層目が終わった段階です。
2013年8月3日 川崎市宮前区鈴木様:バルコニー防水
2013年8月3日 川崎市宮前区鈴木様:バルコニー防水(バルコニー二層目)
2013年8月3日 川崎市宮前区鈴木様:バルコニー防水(バルコニー二層目・真ん中部分)
まだトップコートを塗っていない制で、太陽の反射の仕方が少々エグく、眩しいというよりは目に刺さるというような表現をしたくなります・・・。玄関上のものと比べていただくと分かると思いますが、こちらはまだ艶やかで窓なども写り込んでしまっていますね。場所柄というものもあるでしょうが、空も明るく反射しています。ライトグレーのウレタンは目にも眩しいくらいで、足場の上から覗き込んで撮影するのも少々きついくらいです。写る空の色も、トップコートを塗った玄関上とはまた違う鮮やかさがあります。
トップコートを塗った玄関上は表面も少しデコボコしたような、撥水効果がありそうな表面ですが、ウレタンのみですとわざとらしいくらいにつるんとしています。
バルコニーも、乾いたら同じダークグレーのトップコートを塗布します。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top