都筑区での外壁塗装、破風上塗り

引き続き、横浜市都筑区での外壁塗装。本日の作業は破風の上塗りです。
日差しも風も強いので、塗装する部分の周りも しっかりと養生して飛散した塗料で汚さないように注意します。

壁にはビニール養生を、人の行き来が多くある足元部分には厚手のブルーシートを敷いて、破れたりずれたりしない養生を施します。また、ビニール養生は滑りやすいので、屋根上で養生する際には滑りにくいノンスリップマスカーを使う時もあります。

2013年8月7日 横浜市都筑区にて外壁塗装:破風上塗り1

周囲を汚さない準備が済んだらローラーを転がしていきます。
広い面はローラーを。ローラーが入らないような細かいところは刷毛に持ち替えて、作業を進め、塗り抜けやカスレの無いように 時折、覗く角度を変えて光の反射で塗り抜けやカスレが無いように確認しました。

2013年8月7日 横浜市都筑区にて外壁塗装:破風上塗り2

普段、生活をしていては屋根の上の細かいところまでは見えないものですが…当然、見えないからと言って手を抜いたりなんかはしません。真剣な表情で破風裏の部分にも厚い塗膜を作り上げていきました。

作業を行ったのは一級塗装技能士であり、塗装指導員の資格を持つ竹内。20年以上の経験を持ち、塗料の扱いなら随一の職人です。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00