保土ヶ谷区での防水塗装、トップコートでマットな仕上がり

株式会社塗装職人ブログ
とても天気が良く、メッシュシートから溢れる日の光は目を細めるくらい眩しい朝。保土ヶ谷区上菅田のベランダ防水塗装も終盤に差し掛かりました。
涼しくなってきたなあ、と思っていた陽気でしたが、この日は動けば汗をかくほどに暑く、かと言って半袖でいるには寒い陽気です。
2013年9月30日 保土ヶ谷区上菅田防水:一層目完了
こちらは一層目が完了しているバルコニー。まだ一層目と言うことで厚みがなく、しかしとても綺麗な仕上がりです。
二つのバルコニーのうち、こちらは傷みのひどかったバルコニーの方なのですが、すでに原型はなく、特に塗膜面にも不備もありません。しっかりと下地調整を行ったお陰でしょうか。この後、こちらは島田ダイが二層目を施工します。
2013年9月30日 保土ヶ谷区上菅田防水:二層目完了
すでに二層目完了しているバルコニーです。
この後にトップコートを塗って室外機を降ろしたら完了になります。こちらのバルコニーは元々の状態が良く、綺麗にウレタンが流せました。
肉厚に二層目が流せた平場には、空と足場が写り込むほどです。これだけ写り込む空模様ですが、この後にトップコートを塗るとその写り込みもなくなるマットな質感になります。
さて、こちらは二層目が完了していたバルコニーの方のトップコートの塗装です。
2013年9月30日 保土ヶ谷区上菅田防水:トップコート
2013年9月30日 保土ヶ谷区上菅田防水:トップコート
さて、こちらは二層目が完了していたバルコニーの方のトップコートの塗装です。
暗くて影になってしまっていて、何をしているかイマイチ分かりづらいかと思いますが…室外機と立ち上がりの間はその通りせまく、腕を伸ばして塗装をするだけでは塗り残してしまう可能性もあります。なので、立ち上がりの塗り残しがないよう頭を平場に着けて筋交い刷毛を滑らせます。
2013年9月30日 保土ヶ谷区上菅田防水:トップコート
ちなみに今塗布しているマットなダークグレーのトップコートには滑り止めが入っていて、乾いたら滑らないようになっています。これでお客様がベランダで洗濯物を干したりされても、滑ってころんでしまう…なんてことがありません。
トップコートはいくつか色の種類があります。様々な仕上げ方があるのはグレーですが、他になればベージュや赤、緑などと言った、学校等で見た事のあるような色が多いのですが、今回は一般住宅と言う事で、ダークグレーの一番一般的な色を使用しています。
トップコートは、縦横にムラにならないようにしっかりと塗っています。まずは横にローラーを転がして全体になじませてから、縦に転がして、横に転がした時に入ってしまったしわを消します。
半分ほど終わったら後ろを向き逆側の端からトップコートを塗布し、最後に自分が立っている所も塗装します。
2013年9月30日 保土ヶ谷区上菅田防水:トップコート
綺麗に写っていた青空も、マットなトップコートで消されていっています。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top