川崎市でのバルコニー防水、トップコートで劣化防止

川崎市川崎区でのバルコニー防水も終盤を迎えました。
諸事情でウレタン二層目を流し込んだ写真を撮ることができず申し訳ありません。12日に一層目の工程と同じく、立ち上りと平場に各専用ウレタンを塗布、流し込みをして二層目を形成しています。

2013年8月13日 川崎市にてバルコニー防水:トップコート立上り

本日は防水工事の最終工程、トップコートの塗布を行います。
せっかく形成したウレタン防水層が剥き出しですと、紫外線や風雨によって劣化してしまうので、トップコートを塗装して保護していきます。

こちらは立ち上りに塗っているところです。最初は大きな刷毛で均一になるよう全体に塗り広げ、目地刷毛に持ち替えて仕上げをしました。壁との境界や細部、入りズミ(二つの面が接し、窪んでいる角)を塗り込むときに小さな刷毛は大活躍してくれます。

2013年8月13日 川崎市にてバルコニー防水:トップコート平場

立ち上りが完了しましたので、次はローラーで平場に塗布していきます。腕の奥に見える白いものはタオルです。連日の猛暑、外で作業をしていると大量の汗をかきますが、塗装面に汗を落としては大変なので適時拭いながら全体に行き渡らせていきました。

2013年8月13日 川崎市にてバルコニー防水:トップコート完了

全面に塗布が完了しました。
塗装中はツヤが見えていましたが、乾燥しますとライトグレーのマットな仕上がりです。トップコートには微細なチップを入れてありますので、歩くときにツルツル滑ってしまうこともありません。

壁との境界もきれいに塗り分けされていますね。ウレタン防水は表層のトップコートを定期的に塗替えすることで、長く防水性能を保持することもできます。

2013年8月13日 川崎市にてバルコニー防水:施工完了

完全に乾燥しましたら、作業の為に移動させて頂いた人工芝や室外機などを元の位置に設置して、こちらのお宅での防水工事は全て完了となりました。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00