川崎市でのバルコニー防水、トップコートで劣化防止

株式会社塗装職人ブログ
川崎市川崎区でのバルコニー防水も終盤を迎えました。
諸事情でウレタン二層目を流し込んだ写真を撮ることができず申し訳ありません。12日に一層目の工程と同じく、立ち上りと平場に各専用ウレタンを塗布、流し込みをして二層目を形成しています。
2013年8月13日 川崎市にてバルコニー防水:トップコート立上り
本日は防水工事の最終工程、トップコートの塗布を行います。
せっかく形成したウレタン防水層が剥き出しですと、紫外線や風雨によって劣化してしまうので、トップコートを塗装して保護していきます。
こちらは立ち上りに塗っているところです。最初は大きな刷毛で均一になるよう全体に塗り広げ、目地刷毛に持ち替えて仕上げをしました。壁との境界や細部、入りズミ(二つの面が接し、窪んでいる角)を塗り込むときに小さな刷毛は大活躍してくれます。
2013年8月13日 川崎市にてバルコニー防水:トップコート平場
立ち上りが完了しましたので、次はローラーで平場に塗布していきます。腕の奥に見える白いものはタオルです。連日の猛暑、外で作業をしていると大量の汗をかきますが、塗装面に汗を落としては大変なので適時拭いながら全体に行き渡らせていきました。
2013年8月13日 川崎市にてバルコニー防水:トップコート完了
全面に塗布が完了しました。塗装中はツヤが見えていましたが、乾燥しますとライトグレーのマットな仕上がりです。トップコートには微細なチップを入れてありますので、歩くときにツルツル滑ってしまうこともありません。壁との境界もきれいに塗り分けされていますね。ウレタン防水は表層のトップコートを定期的に塗替えすることで、長く防水性能を保持することもできます。
2013年8月13日 川崎市にてバルコニー防水:施工完了
完全に乾燥しましたら、作業の為に移動させて頂いた人工芝や室外機などを元の位置に設置して、こちらのお宅での防水工事は全て完了となりました。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top