部分塗装から4年目 今回は家全体の塗装へ

寒い日が続きます。しかし、本日は晴天なり。

相変わらず朝夕の冷え込みは応えますが、日中の光は穏やかで「春遠からず」、そんな気配を感じながら仕事をしています。

2月上旬から、横浜市都筑区の現場に来ています。こちらのお宅は築10年です。建物を取り囲む足場の面積が331㎡ですからほぼ100坪。大きくて立派なお屋敷です。

築10年と申しましたが、実はこちらのお宅は4年前に部分的な補修と塗装をさせていただき、そのご縁でお声をかけていただきました。

今回は全面塗り替えの作業をさせていただいています。

つまり、再注文ということになりますが、以前に仕事をさせていただいた現場にこうして再び訪ねてみると、やはりうれしいものがあります。

自分が手掛けた仕事に「しばらくぶり!ちゃんと守っていたかい?」、そんな声をかけたくなるような懐かしさがあります。こたえは「ノープロブレム!」

お客様の心配りもあたたく、ご期待に沿えるよう頑張ります。前回にも増して気合いを入れて仕事に取り組んでいます。

2月も半ばに差しかかり、日が少しづつ伸びてきました。17時を過ぎても明るいので助かります。

 

※再塗装のご注文を頂いた「お得意さまシリーズ動画」です。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00