塗装現場でもコロナ対策を徹底するようにしました。

コロナウィルスが蔓延していますね。

うちの場合今のところ経営という意味では大きな影響は出ていませんが、今後感染者が増え続けていけば外壁塗装をするという方も控えてしまうのではないかという不透明さはあります。

経済も心配ですね。
今の状況では各家庭にとっても子供たちの世話をしたり、他の人との接触を控えようとリフォームをしようという状況でもないと思います。
これから暖かくなってくると共に塗装のシーズンではあるのですがこればかりは仕方ないです。

ただ現場自体は現状フル稼働、業務も相変わらずではあります。

現状の対策としては来店されるお客様に対してはマスクや消毒などのコロナ対策をしているのですが、今回各現場でも徹底することにしました。

お客様に対するコロナウイルス感染対策について

まず玄関扉の取っ手やポストなどお客様と接触するような場所については消毒スプレーをします。職人の手も同様です。
職人と話をする状況のときも必ずマスクをするようにしましたので、何もしないよりかは安心してもらえると思います。

【玄関周りの消毒】

 

【ポスト等の消毒】

コロナ対策

 

【職人側の消毒】

 

私の母も86歳と高齢なので、特におなじような高齢者の方がお住まいになっているお宅では色々気がかりだと思います。
これで外壁塗装をお勧めするということではありませんが、現状動いている現場の施主さんにも少しは安心してもらえるのかと思ってます。

暗いばかりなニュースですが、空は青いです!
それでは!

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00