旭区での施工事例、下屋トタン瓦棒を脚立で塗り替え

旭区希望が丘の、築約35年のお宅です。

築年数の経ったお宅で傷みも多く、本来は壁や軒天の張り替えなど大工仕事、外壁塗装などトータルな工事が必要ですが、4~5年後にそれをお考えだと言うことで、今回はまず、下屋トタン瓦棒塗り替えのご依頼でした。

IMG_3185

IMG_3186

IMG_3158

IMG_3159

IMG_3161

IMG_3164

IMG_3163

IMG_3166

IMG_3167

IMG_3169

IMG_3168

IMG_3170

IMG_3171

IMG_3173

IMG_3175

IMG_3176

IMG_3179

IMG_3178

IMG_3159

IMG_3158

IMG_3161

IMG_3163

IMG_3166

IMG_3164

IMG_3167

IMG_3168

IMG_3170

IMG_3169

IMG_3172

IMG_3175

IMG_3173

IMG_3176

IMG_3178

IMG_3181

IMG_3179

IMG_3185

IMG_3186

施工前の各写真をご覧いただくとわかるように、下屋トタン瓦棒自体に傷みが見られましたが、木部やその他の部分にもさまざまな傷みがありました。

ケレンによる下地調整が主になるので、あえて足場工事を行なわず、脚立とハシゴを用いての工事です。入念なケレンが必要で、下地調整に多くの時間とエネルギーを割くことになりました。

CIMG0862

CIMG0863

CIMG0864

CIMG0865

CIMG0866

CIMG0867

CIMG0868

CIMG0870

CIMG0871

CIMG0872

CIMG0875

CIMG0877

CIMG0878

CIMG0879

CIMG0880

CIMG0881

CIMG0857

CIMG0858

CIMG0859

CIMG0860

CIMG0861

万全の下地調整を行なったうえでの施工は、木部や手の入りづらい箇所を刷毛で、下屋トタン瓦棒は主にローラーで、と道具を使いわけて丁寧に行ないます。もちろん、下塗り、中塗り、上塗りの濃厚3回塗り仕上げ。施工中は暑い季節で、足裏にトタンの熱を感じながらの作業でした。

IMG_5046

IMG_5048

IMG_5051

IMG_5040

塗装完了は見事な仕上がり。傷みが激しかった箇所もまるで新築時に戻ったように蘇り、施主様も輝きを取り戻した塗装工事に大満足。喜びの言葉をいただきました。

以下、今回の仕様です。

屋根瓦礫・玄関先庇上手粒、ケレン・下地調整:86㎡、養生:1式、サーモアイプライマー:1.5缶、サーモアイSi:2缶、屋根塗装施工費(下+中+上塗り):86㎡

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

Back To Top