港北区で溶接とパテで新品同様になる階段塗装

港北区で施工したアパート階段塗装の風景をお届けします。
鉄部の錆び(サビ)、困ってしまいますね。今回は錆びた鉄部の補修、塗装。

先ずはケレン、今回はデスクサンダーでサビを落とします。

凸凹をパテで均します。

溶接補修もありました。

下地作りが終わったらサビ止めを塗ります。

鉄部の下塗り、サビ止め塗装が終了。

サビ止めが乾燥したら、中塗り。今回は鉄部のみの部分補修。

既存の壁面に塗料がつかないように塗装をしていきます。中塗りの次に、同じ塗料で上塗り。

アパート階段の塗装が完了!

動画はこちらからご覧になれます。

アパートオーナー様の維持管理の悩みの中で、鉄階段は常に上位を占めています。もっとも傷みやすい場所の一つですからね。あれよあれよと錆びていって、しまいには穴などが開いてしまうと鍛冶屋(溶接)さんの手も借りなければなりません。

蹴込みやササラなどに穴が開いてしまってふさぐというものであればまだいいかもしれません。階段や共用廊下自体を支える柱などに穴が開いてしまい強度に問題が出てくるようだと加工がより複雑になったりもします。

表面だけではなく根本的な耐久性を考えての作業が必要ですね。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top