コロニアル屋根を塗る 横浜市瀬谷区

株式会社塗装職人ブログ

住宅の外壁塗装における屋根の塗装。下塗り、中塗り、上塗りの工程をお見せします。
担当職人は一級塗装技能士の資格を持つ職人 曽根です。
横浜市瀬谷区での住宅塗装、屋根塗装のご紹介です。木造住宅、サイディング外壁、スレート屋根の塗装事例。

image034

下塗りの前には高圧洗浄でスレート瓦のゴミや苔、劣化した旧塗膜を除去しています。

image037
ローラーでの塗装を行なう前に、細かい箇所を刷毛で塗装します。

image038
棟(むね)、ケラバ、谷などの鉄部は、錆び(サビ)た箇所をケレンして、サビ止め塗料を塗装してあります。

image040
今回は遮熱、断熱塗料ではありませんが、屋根の場合は遮熱、断熱塗料を選ぶことで、夏の屋根温度上昇を軽減できます。

image042
遮熱断熱塗料の場合は、省エネ効果でエアコンの電気代が安価になる事があります。
※屋根の形状や材質によっては効果が分からない場合もあります。

image043

image045

image047
上塗りが完全に乾燥した後、スレート同士の貼り付きをカットする「縁切り」を行ないます。
重なりあったスレートの密着面に水が溜まるのを防ぐ効果があります。スレート屋根は商品名として「コロニアル」や「カラーベスト」、「アーバニー」などがあります。

image048
このブログは「コロニアル屋根の塗装 横浜市瀬谷区の事例紹介」の動画を抜粋しました。実際の施工風景をご覧になりたい方は動画をご視聴ださい。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top