コロニアル屋根を塗る 横浜市瀬谷区

横浜市瀬谷区、木造住宅・サイディング外壁・スレート屋根の塗装事例です。屋根塗装の下塗り、中塗り、上塗りの工程をお見せします。
担当職人は一級塗装技能士の資格を持つ職人、曽根です。

image034

下塗りの前には高圧洗浄でスレート瓦のゴミや苔、劣化した旧塗膜を除去しています。

image037

ローラーでの塗装を行なう前に、細かい箇所を刷毛で塗装します。

image038

棟(むね)、ケラバ、谷などの鉄部は、錆び(サビ)た箇所をケレンして、サビ止め塗料を塗装してあります。

image040

今回は遮熱、断熱塗料ではありませんが、屋根の場合は遮熱、断熱塗料を選ぶことで、夏の屋根温度上昇を軽減できます。

image042

遮熱断熱塗料の場合は、省エネ効果でエアコンの電気代が安価になる事があります。(※屋根の形状や材質によっては効果が分からない場合もあります。)

image043

image045

image047

上塗りが完全に乾燥した後、スレート同士の貼り付きをカットする「縁切り」を行ないます。重なりあったスレートの密着面に水が溜まるのを防ぐ効果があります。スレート屋根は商品名として「コロニアル」や「カラーベスト」、「アーバニー」などがあります。

image048

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00