屋根塗装で済むのに無理に屋根工事をしないこと。

株式会社塗装職人ブログ

2004年に木下工務店さんで建てられた港北区の現場です。

コロニアル屋根の高圧洗浄後です。

 

ほんの一部ですが、表面に軽いひび割れが見えます。
洗浄前にはコケや藻でわからなくとも、このように洗浄後に明らかになってくる屋根材もあります。
ひどい場合は、屋根の差し替えもできなくはないですが、無理な作業をしなければ交換できない場合もあるのでリスクを伴います。
この程度であれば問題なしです。
最近では、「外壁塗装の勉強会」と称して大手塗装会社の子会社のような一般社団法人が、屋根塗装を屋根工事に無理に持っていこうとする情報も入ってますので、いくら社団法人だからと言ってもすぐに信用せずに、そこ以外にも他社さんでもいいので、見積もり調査してもらったほうがいいかもですね。


ちなみに本当に屋根工事をする場合はこんな感じになります。

本日の作業!


順番逆ですみません。
洗浄前です。

ジェット噴射!って感じです。

吹き付けリシンの外壁です。
塗料の消費量半端ない予感が。。(笑)

リシンの場合、カビか壁の仲間で菌糸を伸ばしていますので、ボンタイルやサイディングのようにきれいさっぱりとカビが取り切れない場合もあります。
昔の話ですが、無理にしつこく高圧洗浄をしたら欠損してしまった経験もあります。

完了です。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top