横浜市瀬谷区Sビル外壁、下塗りと上塗り

先日屋上の鉄部塗装が終わった横浜市瀬谷区Sビルの施工の様子です。

瀬谷区のビルの鉄部塗装

駅前商店街の角地にあって、3方向が道路に面したビルです。今日は道路に面した外壁の上塗りと、隣の建物に接した北側外壁の養生・下塗作業を行いました。

ビルの壁面なので、広範囲に渡っての作業になります。今日はこの時期らしいさわやかな五月晴れで、気持ちよく作業ができました。

下塗りを行った北側の壁には、配管のパイプが集中しています。

外から見えない場所だけど、道路に面した壁面と工程は同じです。周囲の環境や劣化から建物を守るのも塗装の大事な役目ですから、手は抜けません!ローラーを使える部分が少ないので、刷毛を使っての細かい作業が多くなってしまいますが、地道にコツコツと作業していきます。職人としての心意気が試される場所なのかもしれません・・・

パイプ裏の壁面はもちろん、パイプも全て下塗りをします。右側から左側に向かって白く塗り進めているのが分かりますか?(暗い写真ですみません)

人ひとり立つのがやっとの狭い場所での作業です。

明日はあいにくの雨予報なので、建物内にある共用階段の下塗りをする予定です。天気の悪い日に進めようと予定していた作業です。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00