足場の上で寝てしまう作業。

株式会社塗装職人ブログ

今日は案外過ごしやすい気候でしたね。

でも徐々に初夏に近づいてきて暑くなってくるんでしょうね。

これは、その暑さに耐えられず、決して足場の上で寝てるわけではありません。

寝ないと換気扇の内側の下端が塗れないから寝ているような格好で作業してるのです。

 

でもまだ足場の上だからまだいい方です。

地面にはいつくばりながら作業することもありますし、超背伸びをして作業したり、足場が届くか届かないぐらいの距離で、大股にしながらで作業することもなくはありません。

 

でもこれもそれも足場の組み方次第なのです。

足場は見積りでも塗料品質ばかりに目が行ってしまい、どこの業者も同じだろうと思われがちです。

でも違うんですね~

足場の違いによって塗装作業の仕方も変わり、職人さんにとっては足場の組み方の影響で、よくに言う「痛い仕事」をしてしまう職人さんも出てきてしまいます。

 

後はこういうエアコンカバーも外します。

ただし、外せないものや外さない場合もあります。

 

 

 

 

雨樋の指示金具、通称「でんでん」の裏側のシール作業もこの通りばっちりです。

ここはやりづらいんですよホントに(笑)

 

ということで、こうしてみると塗装作業以外にも大事な作業がたくさんありますね。

それでは本日は数ある現場の中から神奈川区の羽沢からお伝えしました。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top