横浜市港北区 気温30度の現場で

株式会社塗装職人ブログ

横浜市港北区のW邸の現場は4日目。現場の担当職人は星野です。

本日は外壁の下塗りと屋根の縁切りとタスペ―サーの挿入を行いました。
縁切りとは塗装をしたとき、板状の屋根材の重なった箇所が塗料で詰まると、毛細管現象で雨水の逃げ場がなくなり、雨水が溜まってしまい、雨漏りの原因になることがあります。
そのため、カッターなどで切り込みを入れて隙間を作る工法です。
ところで、今日からこの現場に新人が入りました。星野が新人教育するのは昨年の塗装女子りおちゃんに続いて2度目。今回の新人は大工仕事の経験があるので、足場も屋根も平気なので一安心ということでした。縁切りの作業も何とかこなせたそうです。
しかし、横浜の最高気温は30度という7月上旬並みの陽気。少し動けば汗が出る状態の中、こまめに水分補給をさせて現場を進行させたそうです。明日も7月上旬並みの陽気になるということで、熱中症などに気をつけてもらいたいです。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top