世田谷区、RC住宅の遮熱防水工事

株式会社塗装職人ブログ

ここでは、「RC住宅で、塗替えと遮熱機能を持つ屋上防水工事」世田谷区M様邸の事例(サイト内リンク)から防水工事だけを抜き出し、その工程を詳しく紹介します。 ‎

ルーフバルコニー・陸屋根などの防水工事

5ヶ所の防水工事

今回M様邸では、陸屋根(3階屋上)・ルーフバルコニー(2階屋上)・2階出窓の庇・3階出窓の庇の4ヶ所の塗替えと、窓枠シーリング(コーキング)の打ち直し、全部で5ヶ所の改修工事を行いました。
防水施工箇所一覧

施工前

ルーフバルコニーは、シールが劣化し、床上には細かいクラック(ひび割れ)が見られました。
防水工事-施工前一覧

施工後

日射反射率50%以上の「サラセーヌTサーモ 遮熱ライトグレー」(AGCポリマー建材の商品紹介ページへ移動します)を使っての遮熱塗装を行いました。
遮熱塗料で太陽光の赤外線を反射させることで陸屋根表面の温度上昇を抑え、屋根下の室温上昇の抑制も望めます。
防水工事-施工後一覧
施工方法は、QVシートを使った「ウレタン防水通気緩衝工法」(ルーフバルコニー)「ウレタン密着工法」(2・3階出窓庇)「トップコート仕上げ」(陸屋根)の3つの工法を使い分けています。いずれもトップコートに遮熱効果をもつ保護仕上材「サラセーヌTサーモ」を使用しての遮熱塗装です。

陸屋根(3階屋上)-「トップコート仕上げ」

①下地調整後、下地との密着性を高めるためプライマー(下塗り材)を塗る。
②保護仕上材(遮熱トップコート Tサーモ)を塗って仕上げ。
防水-トップコート仕上げ

ルーフバルコニー(2階屋上)-「ウレタン防水通気緩衝工法」

ルーフバルコニーは、屋根でもあり、日常的に床上を住人が歩く生活の場でもあるので、耐久性と安全性を考慮した施工が必要となる場所です。

「ウレタン防水」は、粘り気のある液状のウレタン樹脂を塗って防水層を形成する工法で、弾力があり継ぎ目のない仕上がりになります。
ウレタン防水層の下に通気シートを用いる「通気緩衝工法」は、下地(コンクリート)に含まれる水分(水蒸気)を排出することにより、防水層に発生しやすい局部的な膨れを防止する、大きな防水面向きの工法です。
QV工法-見本

下地調整・シールの打ち直し

①劣化した既存シールを撤去。
②ケレン・清掃の後、カチオン系樹脂モルタルを塗布し表面を平滑に整える。
③床の目地にバックアップ材を充填。
④床と入隅の目地にシーリング材を注入する。
QV工法下準備

QVシート設敷・防水層の施工・仕上げ

⑤プライマー(下塗り材)を塗る。
⑥QVシート(通気シート)を貼る。これにより下地であるコンクリートの中の水分を逃がす層が出来ます。シートの繋ぎ目にはジョイントテープ、端にはMBテープを貼って、隙間から防水材が下地に流れ込まないように補強する。
⑦下地の水分を逃がすための脱気筒を設置。
⑧1層目、2層目とウレタン樹脂を塗り重ね、防水層を形成する。
⑨排水ドレンにサビ止め(エポターツ)を塗る。
⑩保護仕上材(遮熱トップコート Tサーモ)を塗って仕上げ。
防水-QV工法

2・3階出窓の庇-「ウレタン密着工法」

ウレタン密着法-見本①下地調整後、1層目、2層目とウレタン樹脂を塗り重ね、防水層を形成する。
②保護仕上材(遮熱トップコート Tサーモ)を塗って仕上げ。
防水-ウレタン密着法

窓枠シーリング(コーキング)の打ち直し

①カッターを使って劣化した既存シールを撤去し、ハケで目地を清掃。
②はみ出さないようテーピング(養生)をして、専用の接着剤(プライマー)を塗る。
③シーリング材を注入。
④目地に隙間なくシーリング材を充填するため、ヘラで圧力を加えながら均し仕上げる。
防水工事-シーリング工程


「RC住宅で、塗替えと遮熱機能を持つ屋上防水工事」その他の工程はこちらから(サイト内リンク)

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top