横浜市磯子区での塗装工事、鉄部ケレン・サビ止め、屋根下・中塗り

塗装職人ブログ
本日は横浜市磯子区で行った塗装の様子を掲載します。施工は一級塗装技能士であり、塗装指導員でもある川口がリーダーとなって行いました。
横浜市磯子区:トタン屋根ケレン後
今回はまず、トタン屋根のケレンから開始。こちらのお宅はコロニアルに加えて、部分的にトタン屋根も葺かれています。サビが発生していたので、可能な限り除去したのち、全体を研磨して下地に細かな傷をつけています。傷がつくことにより、塗料の食い付きが向上されて、剥がれにくい塗膜に仕上げることができるのです。
横浜市磯子区:屋根鉄部サビ止め塗布
横浜市磯子区:屋根鉄部サビ止め塗布2
次はコロニアル屋根の施工に移りました。鉄部雨押さえのケレンを同様にした後、サビ止めを塗布してサビが発生することを抑制します。鉄部は傷みやすい箇所でもあるため、たっぷり重ねて材料の性能を充分に発揮させました。
横浜市磯子区:屋根下塗り
乾燥後は屋根材にシーラーを塗布して下塗りです。これは塗料の密着力を強化するための接着剤の役割を果たします。全体に染み込ませるように塗布して、内部から屋根材の補強もしていきます。
屋根材が傷んでいると、シーラーを全て内部に吸い込んでしまうのですが、塗布面がしっとりと濡れたような質感になるまで繰り返し塗り重ねます。
横浜市磯子区:鉄門扉サビ止め塗布
横浜市磯子区:庇サビ止め塗布後
次は屋根以外の鉄部にサビ止めを塗布していきました。こちらは門扉を塗装中の職人。刷毛を軽快なリズムで動かし、平滑にサビ止めを塗り重ねていきます。庇やベランダ手すりにも同様に塗布。
横浜市磯子区:屋根中塗り
下塗りの乾燥した屋根では中塗りを進めました。シリコン塗料をふんだんに重ね、塗膜を形成していきます。ローラーは縦横に転がして、掠れや塗りムラを防ぎながら塗り上げています。
横浜市磯子区:屋根中塗り後
完了後の状態はこちら。左下に少しサビ止めが見えていますが、あとで修正します。
3度塗りの仕上げ・上塗りを重ねることにより、さらに塗膜の厚みが付加されていきます。厚膜に仕上げて、屋根を紫外線や風雨からしっかり保護する耐久性のある塗装へ。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top