横浜市戸塚区での塗装工事、屋根縁切りで雨漏り対策

株式会社塗装職人ブログ
今回は横浜市戸塚区の現場から届いた施工風景を掲載します。
職人は一級塗装技能士の竹内が担当しました。
先回、遮熱塗料での上塗りが完了した屋根。今回はこの屋根の縁切りを行います。
縁切りとはスレート(屋根材)同士が重なり合っている部分に、隙間を空けることを指します。
本来、重なり部分には隙間があるのですが、塗装をすることによって塗料で詰まってしまうことがあります。この状態のままですと、わずかに空いている隙間から入り込んだ雨水が吸い上げられ、雨漏りに繋がる恐れがあります。漏水から腐食が始まり、家を傷めてしまうことも考えられるため、予防策として縁切りをするのです。
はじめての屋根塗装であれば、例外を除き、この重なり部分が詰まることはありません。ただ、こちらの現場で使用した遮熱塗料や、断熱塗料は特に厚膜に仕上がるため、縁切りをする必要が出てきます。また、屋根の勾配があまりないお宅も行いましょう。
横浜市戸塚区:屋根縁切り
縁切りに使用するのはカッターや金ベラ。金ベラを屋根材にあて、柄の後ろ部分を手で叩くようにして差し込みます。その左右は、カッターをスライドさせて隙間を切り開いていきました。
塗膜は乾燥して硬化しているため、隙間を空けるのもかなりの力仕事。屋根の全面に対して行うので、気が遠くなりそうですが、一ケ所ずつ隙間を作り雨漏り予防をしました。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top