横浜市磯子区での塗装施工事例、雨戸と鉄部、付帯塗装

株式会社塗装職人ブログ
本日は横浜市磯子区の現場から、施工の様子をお届けします。
こちらの担当職人は一級塗装技能士の川口と星野、二級の曽根カズです。
横浜市磯子区:雨戸下塗り
横浜市磯子区:雨戸下塗り後
まずは曽根が雨戸の下塗りをしています。こちらの雨戸はよく見かける、鉄製の段々になった形状ではなく、木製のフラットなタイプ。
四隅はローラーが入りにくいため、最初に刷毛で奥まで塗り込みます。ローラーで無理に塗装してしまうと、塗料が溜まったり垂れてしまうので、道具を適時変えて塗り進めます。
2枚目の写真は全体に下塗りを終えた状態です。雨戸は塗りやすいように立てかけています。
横浜市磯子区:木枠中塗り
こちらは木枠の中塗りをしている星野。下塗りは先回終えているので、塗料を重ねて厚みのある塗膜をつけていきます。木部は紫外線による塗膜の劣化、雨による腐食などを引き起こしかねないので、耐久性のある塗膜で木部をしっかり保護・長持ちさせます。
玄関周りは手ごろな高さの足場がないため、脚立を使用して塗装。
横浜市磯子区:樋ケレン
雨樋はケレンをしているのですが、足場板があるので見えにくいですね…。
ツルツルの雨樋は塗料の引っ掛かりがないので、そのまま塗替えすると塗料が剥がれやいのです。そのため、サンドペーパー類で雨樋を研磨して微細な傷をつけます。こうすることにより下地に少し凹凸ができるので、塗料が密着するというわけです。
横浜市磯子区:雨戸中塗り
曽根は雨戸の中塗りに入っています。ローラーでグレー色の塗料を塗布していると…隣には様子を見にきた星野の姿が 笑
横浜市磯子区:鉄製ドア中塗り
横浜市磯子区:鉄製ドア中塗り後
横浜市磯子区:鉄製ドア中塗り後2
川口は玄関の鉄製ドアの中塗りをしているところです。2度の下塗りを経て、塗膜を厚くつけて耐久性を強化します。もう一方のドアは木部と同系色の淡い色で中塗り。黒い方は重厚感が出てきているように見えませんか?上塗りを重ねることで、より厚膜になりますし、光沢も輝いてきます。
横浜市磯子区:木部中塗り2
引続き木部の中塗りをする星野。外壁との境目、わずかしかない隙間も薄い刷毛を差し込んで塗料を塗っていきました。表面と比べると、塗膜の厚みは全く同じになりませんが、可能な限り塗り込んで仕上げます。これも職人のプライドなのです。
横浜市磯子区:雨戸中塗り後
横浜市磯子区:木部中塗り後
雨戸や雨樋、そして木部の中塗りが完了した状態です。光りの当たっているところは、きれいなツヤの輝きを見ることができますね。最後に上塗りを重ね、より長持ちする塗装に仕上げていきます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top