横浜市金沢区での屋根下地処理、下・中塗りと鉄部ケレン・サビ止め

今回は横浜市金沢区で行った施工について書きます。
現場は築10年、コロニアル屋根とサイディング外壁の戸建て住宅。すでに、高圧洗浄をして汚れを洗い落した状態のため、この日は屋根上での作業となりました。

まずは雨押さえや雪止め金具などの鉄部をケレン。

横浜市金沢区:雪止め金具ケレン

横浜市金沢区:雨押さえケレン

雪止め金具にはサビがかなり発生しているので、これを擦り落していきます。
雨押さえは研磨して微細な擦り傷をつけ、ツルツルの下地にあえてザラつきを作りしました。こうすることにより、塗料の食い付きが向上して、剥がれにくい塗膜に仕上がるのです。

横浜市金沢区:雨押さえ釘打ち直し

築年数の経過しているお宅では、雨押さえを固定している釘の飛び出しが多々見られます。家の歪みや地震などの挙動により、釘穴から徐々に抜け出てしまうのです。ケレンをしつつ、釘の打ち直しもしていきます。

横浜市金沢区:屋根材ひび割れ

横浜市金沢区:屋根材補修

屋根材には、ひび割れが発生しているところがありました。塗料のみでは修復できないため、コンクリや金属などに使える接着剤をすり込むように塗布して補修。塗装前に、しっかり下地の状態を整えておきました。

横浜市金沢区:出窓養生

出窓には材料が付着しないように、マスカーと呼ばれるテープ付きのビニールで覆い、固定しています。

横浜市金沢区:屋根鉄部サビ止め

先ほどケレンした鉄部には赤錆び色のサビ止めを塗布しました。これはサビの再発を抑制し、傷みやすい鉄部の耐久性を向上させるために塗っています。刷毛を使用し、雪止めの裏表、細かな部分にもしっかり塗り込んで材料の性能を発揮させていきます。

横浜市金沢区:屋根シーラー下塗り

次は、屋根材にシーラーを塗布して下塗り。こちらは塗料の密着力を強化させる役割があります。内部に浸透させるようにふんだんに塗布していきます。

屋根材が傷んでいる場合は、シーラーが全て内部に吸われてしまうことも。その際は何度か繰り返し塗布して、表面がしっとりするくらいに仕上げていきます。ここで吸込み止めをしておくことで、塗料を重ねたときムラが出にくくなります。

横浜市金沢区:屋根中塗り

下塗り乾燥後は、ブラックのシリコン塗料で中塗りです。厚みのある塗膜を形成するため、塗料はたっぷり重ね、ローラーで縦横に行き渡らせます。塗りムラや掠れが出ないように仕上げ。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、全体に塗布した後です。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00